自分自身を整える

退屈を紛らわせるために
享楽をむさぼる
だが大した結果を得られない
やがてお金は尽きてしまう

外面ばかりを取り繕うこともそう
人間関係に振り回されて
最後はクタクタになる

誰もが幸せというものが何かを知らず
幸せになろうとする手段しか知らない

だがお金を使うことが悪いわけじゃない
そこにこだわると
今度はお金を減らしてはならないという
心労を抱えることになる

つまり「手段」しか知らないから
そのように受け取ってしまうのだ
これは本書でよく質問される人たちの
傾向であるともいえる

また人と関わるときに
言葉を選んだり着飾ることも同じ

相手の顔色を目的とせず
自分を楽しませることであるなら
それは素晴らしいことだ

それは楽しんでいる自分という
ゴールがすでにあるから成されるものだ
つまり最初から満たされているから
着飾ることが手段とはならない

その人にとって「やること」は
別になんだっていいのだ
何をやっても「自分のこと」となる

だから結局のところ
ひとが不幸に陥る原因は
たったひとつしかない

それは「内面の空虚さを埋めようとすること」にある

どれだけ金持ちで
綺麗な身なりをしていても
内面が貧困であれば
いつも退屈に襲われてしまう

外に享楽を求め続けるが
満たされることはない
すぐにまた空っぽになってしまう

そうした癖がついてしまったら
なかなか抜けられない

ゆえに財産や身なりが失われたとき
もしくは減っていると感じ始めたとき
激しい焦燥感と不安に脅かされる

世間一般でいうお金持ちの人々を
よく観察してみるといい
「見せびらかす」ための
豪華な品々に囲まれているなら
特にチェックだ

その派手な様子から窺えるのは
これまで一度も
幸福になれていないということだ

当人はいろいろ口実を話すだろうけども
金持ちだからといって
別にそんな品々を揃える必要はない

そうした人は娯楽や快楽に溺れていく
心の空虚から離れようとすることに
どんどん金を費やしていく
己の心から離れるわけだから
当然満たされることはない

やがて虚しさのまま破産する

つまり精神が空っぽである時点で
そこから選択できる手段は

すべて不幸へのルートでしかないのだ

 

内面を豊かにするには

もちろん金持ちだけじゃない
それ以外の人々もそうだ

「金持ちでも不幸なのに
貧乏人はますます無理じゃないのか」

と思っているならば
もう一度最初から読み直すことだ

内面を豊かにすること
それだけが大事なのだよ
それを実らせることにコストはかからない

つまりいまそこにある世界で
没頭できる何かを見つけること
自分のなかの熱さを蘇らせることだ

だがしかし
それができないから
外に手を伸ばすわけだ

だから没頭できるように
自分自身を整えることが先決となる

というよりそれこそが一番の目的といえる

なぜならこれを達した時点で
別に何をするわけでもなく
あなたの内面は充実したものとなるからだ

整えるのは
肉体と精神のコンディション
睡眠、栄養、悪習の廃絶だ

精神の状態は日常生活に大きな影響を与える
だからそれを整えることが
何よりも大事なことだといえる

だがなぜかそれを軽視してしまうのは
歪んだ土台(肉体)に気付かず
世界の方が歪んでいると思うからだ

イライラするのはあいつのせいだとか
何で自分はこんな不幸な目に遭うのだろうとか

それは人々や社会が歪んでいるのではなく
あなたが歪んで世界を見ているからなのだ

これまでにも何度か話していることだが
おさらいを兼ねて記しておこう

 

睡眠

まず睡眠だが暮らしのなかで
睡眠を邪魔者のように追いやるのではなく
むしろ主役に持ってくることだ

そして自分はどれぐらいの睡眠時間があれば
最高の状態になるのかを知っておく必要がある

睡眠はレム周期(90分周期)といった
「質」を重視される

レム(浅い眠り)
ノンレム(深い眠り)

しっかり深い眠りを経過して
浅い眠りのとき起きれば
それは質のよい睡眠だといわれる

だた睡眠サイクルには個人差がある
(80〜110分など)
ゆえに自分にとっての
ベストな睡眠時間やタイミングを
知っておく必要があるというわけだ

今朝の睡眠と日中の調子を確かめて
「今日はいい感じだ」というのを覚えておこう
それは何度でも再現できるもの

補足としては睡眠時間の経過とともに
ノンレム側の深度は浅くなり
やがて周期はほぼ無関係となるから
タイミングに煩わされたくないなら
8時間は睡眠を摂りたいところだ

仕事から帰って食事や入浴を済ませたら
睡眠を楽しむ準備に取り掛かろう
日頃から寝具は清潔に保ち
時折、新しいものに買い換えると
気分もさらにリフレッシュされる

睡眠は翌日のあなたの
すべてのコンディションに影響を与える

人間関係、精神の耐性、やる気、不安の払拭、
五感の鮮やかさ、楽しさ、感動、
もちろん眠気にも邪魔されない

睡眠と活動は表裏一体の関係にある
それで「ひとつ」であることを
理解しておくことだ

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。→ . 会員登録はお済みですか? 会員について

この記事を保存・共有できます。

Notes , , , , , , , , , ,

コメント・質疑応答

会員記事のコメントは記事上ではログインしないと表示されません。
会員の方はユーザー名が入ってしまうので別名を希望の方はこちらで申請してください。
連続投稿する場合は「自分の最初のコメントに返信」してください。
記事に無関係なコメントは禁止です。良識の範囲内でご利用ください。
業者からのスパム広告を防止するシステムを採用しています。短期間内に連続投稿をするとシステムにスパム登録されてしまい一切の投稿ができなくなりますのでご注意ください。

  1. ダテキヨ より:
    このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。
    • 涅槃の書-自分 より:
      このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。
  2. mhayata より:
    このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。
  3. aslan より:
    このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。
  4. buruku10 より:
    このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。

コメント・質疑応答

  関連記事