他人に影響されず自分が自分の支配者になる

あなたを支配するものとは何かわかるかね
それは他人だ
親、夫、妻、子、近所の人、会社の人、友達、
街の人、テレビの人、なんでもいい

彼らはあなたにどう接すれば不幸になるか知っている
彼らはあなたにどう接すれば幸福になるか知っている
あなたは完全に支配されている
これをまず理解すること

あなたは関わるすべての人たちに感情を引き起こされる
それが怒りであったり笑いであったり
だけどもそれは一体なんなのかね
あなたはコントロールされているのだよ
誰かの次元に引き込まれ
次はまた別の誰かの次元に引き込まれ
それは大変なことだ
疲れる
人生は困難極まりないものとなる
だがその状況にどっぷり浸かっていて
それがどういうことなのか
わかってもいない

いいかい
あなたは奴隷だ
支配されている
だからいつも人生がハードモードなのだ
突破口はひとつ
自らの支配者となることだ

あなたは自らの感情に巻き込まれてはならない
ただ俯瞰する
そんな難しいことじゃない
ああ、いま自分はこんなことを考えてるんだな
その程度でいい

誰かがあなたの怒りのスイッチを押したら
あなたが怒りになるんじゃなく
あなたの中の怒りのスイッチが押されたんだな、
それを見る

そのように生きていれば
あなたは誰からも何からも支配されなくなる
その時、ただ「支配されていない」という枠組みだけでなく
想像もしなかった世界が姿を現すだろう

 

この記事を保存・共有できます。

Notes , , , , , ,

コメント・質疑応答

  関連記事