他者を許すという矛盾

あなたは自分の立場を守るために
親や友人、会社や恋人など
大勢の人たちと話し合ってきた

自分の考えはこうであって
このようにしたい
こうでなければならない

でも相手が引き下がらなかったり
態度を軟化させてくれなかったり

いまだ納得がいかないことも
たくさんあるだろう

どうしてわかってくれないのか
どうして素直に話を聞いてくれないのか

まさにいまも
他人との諍いの最中かもしれないね

議論の真っただ中にあって
いかに相手をねじ伏せるか
また相手に弱いところを追求されないかと
不安になっている

そうしていつも苛立ちと不安の間を
振り子のように揺れ続けている

 

他人を受け容れることなんて
到底できないとあなたは言う
そんなことをしたら
自分の立場はどうなるのかとね

それはまるで仕事と家事を
両立させようとするようなものだ

どっちかを取れば
どっちかがうまくいかない

人間はこうして
あらゆるものが常に同時にあるという
矛盾に常に取り囲まれている

だから何事も解決はしない
主張をぶつけ合う議論は
どこにも到達しない

だけどもそれじゃだめだとわかってる
優しくなりたいといつも願っている

ならばどうすれば他人を受け容れて
なおかつ自分も幸せになれるのだろうか

どうすれば他人を恐れずに
堂々と胸を張って
自分自身を生きていけるのだろうか

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。→ . 会員登録はお済みですか? 会員について

この記事を保存・共有できます。

Notes , , , , , , , , , , , , , , ,

コメント・質疑応答

必ずお読みください
・会員記事のコメントはログインしないと表示されません。
・会員の方はユーザー名が入ってしまうので別名を希望の方はこちらで申請してください。
・連続投稿する時は自分の最初のコメントに返信してください。
・記事に無関係な投稿は禁止です。良識範囲でお願いします。
・他の利用者を勧誘する行為、扇動するコメントは禁止です。その意図がなくても事務局でそのように判断された場合はその箇所を修正削除させて頂く場合があります。予めご了承ください。
・スパム広告対策にセキュリティを設定しております。投稿後に承認待ちと表示される場合がありますがしばらくすると表示されます。

  1. chiyoko より:
    このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。
    • 涅槃の書-自分 より:
      このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。
  2. ituki より:
    このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。
    • 涅槃の書-自分 より:
      このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。

コメント・質疑応答

  関連記事

光の洪水2 -我々の本当の姿
幸せへのチケット(後編)
自己管理の法(9)

2015.01.31    Notes, タオ, マインドハック

五感の使い方
透明の粘土
世界を時計の内部に見立てる
何かが毎瞬、生まれ変わっている
他者を操る魔術