実現するひと、しないひと

贈り物をすることが
「喜べる習慣」となっているひとがいる

旅行先でいいものがあったとか
美味しいお店があって
いくつか買ってきたとか

日頃関わっている会社のひとたちや
ご近所に配ってまわる

あなたはそんなひとをみて
何だか白々しいなとか
いやらしいなとか
そんなことを思ったりしていないかな

ましてそんなことされたら
こっちも返さなきゃいけないだとか
ありがた迷惑に
受け取ったりしていないだろうか

自分がそう思うわけだから
よほど義務的に迫られないかぎり
自ら率先して贈り物なんてまずやらない

だって白々しいとか
迷惑に思われちゃかなわないからね
つまり贈り物なんて
面倒以外のなにものでもない

そんな形式的なものを
「喜べる」なんて頭がどうかしてる

望みの人生を実現させようと
意気込むあなたにとって
それほど無駄な遠回りはないわけだ

だからそんなことは無視して
今日も幸せになれる道を探している

 

1.

さてもしあなたが本当にそうであるならば
その「望みの人生」とやらを
実現させることはできない

じゃあ嫌々でも贈り物をすればいいのか
という話ではない

その理由は2つある

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。→ . 会員登録はお済みですか? 会員について

この記事を保存・共有できます。

Notes , , , , , , , , , , ,

コメント・質疑応答

会員記事のコメントは記事上ではログインしないと表示されません。
会員の方はユーザー名が入ってしまうので別名を希望の方はこちらで申請してください。
連続投稿する場合は「自分の最初のコメントに返信」してください。
記事に無関係なコメントは禁止です。良識の範囲内でご利用ください。
業者からのスパム広告を防止するシステムを採用しています。短期間内に連続投稿をするとシステムにスパム登録されてしまい一切の投稿ができなくなりますのでご注意ください。

  1. buruku10 より:
    このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。
  2. aslan より:
    このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。
  3. ダテキヨ より:
    このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。
  4. Minnie より:
    このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。

コメント・質疑応答

  関連記事