この世の真実を知る

今日は瞑想のはなし

私はあらゆる場所で瞑想をする
座ってボケッとすることだけが
瞑想じゃないよ
そこに起こっていることに
意識を向けること、それが瞑想だ

歩いているときも
レジで並んでいるときも
人と会話をしているときも
起きているすべてに意識的になる
つまりすべて観察している

五感に飛び込む周囲の様子から
もっと身近な世界である、肉体の動き
そしてやってきては
去って行く思考まで私は意識を向ける
意識の光を当てる

するといつもあることに
気がついてしまう

例えば思考を眺めていると
自分はどうにも動けなくなるのだ
まったく動けなくなる

これはつまり普段は思考と同化しており
その思考の通りに自分が動いていると
錯覚していることを意味する

だから思考そのものを眺めるとき
まったく動きようがない

だが体は動いている
思考は巡っている
でもそれらを見つめる限り
私は何一つ動けない

どういうことか
わかるかね?
体も思考も動いているが
私はまったく動けない

いつも伝えていることだが
頭でどれだけ念じても
指一本動かない
だが実際に指が動いているときとは
あなたはそれを見ているだけなのだ
見ている結果を
自分が動いたとしている

無意識、という様子がある
人は日常生活の中で99%以上が
無意識状態であるといわれている

トイレで用を足すとき
あなたは特に意識せずズボンを下ろす
ズボンを下ろすときの腕の動き
足が床を捉えている動作
体が自動的にそれらの行動を起こしている

そう、すべて自動的に動いている
あなたはそのロボットに
完全に任せている

そこに気付きなさい

だが勘違いしてはならない
「肉体は私ではないのだから完全に断ち切る」
としたところで
突然後ろから押し倒されたら
あなたは地面に腕を立てるなり受け身を取る
それはとっさに起こる

そしてあなたはいう
「何ということだ、
まだ私は自分ではないこの肉体を
守ろうとしている」

そうじゃない

いいかい
体が勝手に動いているのだ
体が自らを保護しようと動作した
それは「あなた」ではない

そこに生きている純粋な生き物
それが自分の体を守ろうとした

諸行無常
すべては過ぎゆくもの

この言葉の真の意味とは
「動き」のことだ
すべては動いている
変化とは動きのこと
動きの中にいつもいる
エネルギーのダイナミズム
それがただ起こっているのだ

あなたが自分の
すべての「動き」に意識を向けるとき
その肉体ですら
勝手に動いていることを知る

風に舞って種子が落ち
そこから芽が出て育つ
まるで意思を持っているかのように
植物は陽の光や雨を受けて育つ
朝が来れば花や葉は開き
寒くなれば葉を落とす
どこにあなたのコントロールがある?

その肉体も同じなのだよ
その思考も同じ

思考が「どんより」という
色を帯びているとき
あなたは自分がいまネガティブだとする

世界とは動きのことだ
だが唯一、動かないものがある
それはそれら動きが起こる「空間」
つまりあなたのことだ

あなたは動かない
一歩も動いていない
この事実を悟りなさい

すべてに意識の光を当てることで
この単純なトリックがわかるようになる

そこにある思考を自分だと思っていたのだと
そこにある肉体を自分だと思っていたのだと

すべて「動き」なのだ
あなたという不動の中に
すべては動いている
無意識を断ちなさい
闇に意識の光を灯しなさい

どこにも「自分」はおらず
ただ世界という動きを
眺めているだけだったことに
気がつくだろう

 

この記事を保存・共有できます。

Notes , , , , ,

コメント・質疑応答

会員記事のコメントは記事上ではログインしないと表示されません。
会員の方はユーザー名が入ってしまうので別名を希望の方はこちらで申請してください。
連続投稿する場合は「自分の最初のコメントに返信」してください。
記事に無関係なコメントは禁止です。良識の範囲内でご利用ください。
業者からのスパム広告を防止するシステムを採用しています。短期間内に連続投稿をするとシステムにスパム登録されてしまい一切の投稿ができなくなりますのでご注意ください。

  1. ONEPOINT より:

    この記事の通りになれば怖いものなしだってのは分かってるんですがね
    忙しいときやトラブルが起きた時などどうにも観察ができないのですよね。
    わかってますよ、「忙しい」も「トラブル」も私が勝手にそう意味づけているだけだってことは。

    それに四六時中観察するのはやはり疲れませんかね?

    • 自分 -涅槃- より:

      >>ONEPOINTさん
      >この記事の通りになれば怖いものなし
      そうではない

      怖いものなどありもしないから
      その手記のようになるのだ

      すべては己が作り上げている
      そう、あなたの話の通りだ

      言葉の都合で「観察」と伝えたが
      実際のところ
      私は何もしていない

      だが「起こりを眺めているという風景」が
      ただそこにあるのだ

      ゆえに疲れるもなにもない

  2. ONEPOINT より:

    観照を始めて約5か月。
    もはや観照しながら過ごす方が当たり前になりました。

    おかげさまで眉間にシワが寄らなくなったり
    思考や感情が湧いてもすぐに元に戻りやすくなりました。

    しかしながら変化があまりにも微妙すぎて
    本当に進んでいるのか疑わしくなる時もあります。

    何十年分という膿を出すのは簡単ではないかもしれませんが
    あまりにも観念を溜め込んでいるのにウンザリすることがあります。

    このまま意識の光を当て続けるしかないのでしょうか?

    • 自分 -涅槃- より:

      ONEPOINTさん

      すべては微妙なものだ
      だが微妙と感じたり
      疑惑を持っているのはマインドだ

      大切なのは
      このまま続ければどこかへ到達するだろうという
      願望ではなく
      いまそれをしているということだけだ

      新しい手記を書いていて
      今夜にでも掲載するから
      そちらも参考にするとよいだろう

  3. さばみりん より:

    思考に意識を持って行かれる、つまり思考と同化しているとなんにもどうにも動けなくなるという感覚、すっごく分かります!

    • -自分- 涅槃 より:

      さばみりんさん
      そう、思考はあなたではない
      あなたでないものに
      意識が同化するということは
      暴走する車にシートベルトで
      縛られてるようなものだ
      制御はできない

      車が走っている道の方に意識を向けると
      すべては「その中」となる

  4. Xenon -ewigkeit- より:

    「その中」ですか。何という大胆な視点。しかし何処かで気付いていたはずなのにこれもまた目を背けていただけなのでしょうか。

    真実の世界とはここではなく、別のドコか、総てを制御する究極に中枢に達することだと思っていた。
    しかし真実は、違うのですね?

    • -自分- 涅槃 より:

      あなたの世界でどれだけの人が死んだ? 知り合いでもいいしテレビのニュースでもいい。あなたの中で彼らの人生が起きていただろう。

コメント・質疑応答

  関連記事

現象ボタン
マインド探偵事務所
大きな力があなたを救ってくれるとき
人間はなんのために生まれてくるのか
現実を変える魔法の種
苛立ちを分解する
二重の世界
人生の制限を解除する