裸という服

脳が常に何かに
覆われている感覚に気づくことだ

日頃ごく当たり前だと思っている
自分という存在や思考や常識
人間社会でのやり取りのすべて

まるで裸になっても
まだ何かを着ているような感じ

つまり裸という服を
まだ脱げていないような
そんな違和感

なぜ毎度おなじみの行為をするのだろう
人と関わるときも
ひとりで何かをしているときもね

「持つ」ってなんだ?
「触れる」とか「噛む」ってなんだろう?
なんでそんなことをやるのだろうか

つまりあらかじめ定義された水槽のなかで
泳いでいると思い込んでいる
漂っているだけなのに
自らで泳いでいると思っているのだ

あなたがその裸の服に気付くとき
内と外を明確に知る

内にあるものは
どこへも移動せず
なにも変化しない

外にあるものは
いくらでも変化する

普段は外の世界に
放り出されている
だけどもあなたが内に在るとき
自由に外を着替えることができる

つまり外は変幻自在
それが現実と呼ばれる世界なのだ

 

1.

つまりこの世のすべてが
ありもしない
でっちあげのようなもの

だが外にいる限りはそれがわからない
誰もが「意味」を生きてしまう

あらゆるものを疑ってごらん

あなたと私じゃ
同じものを見ていても
頭に浮かぶ観念が違う

じゃあそこにあるものは
本当は何だというのだろう

知りたいと思うだろうけども
その質問はナンセンスだ
だって何を発見しても
それはあなただけの観念なのだから

つまり「意味」は
個人のなかに発生するものにすぎない

だから重要なのは
その意味を見ているのは
「誰」なのかということだ

それはこの世で唯一
意味を持たないもの
意味を必要としない者

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。→ . 会員登録はお済みですか? 会員について

この記事を保存・共有できます。

Notes , , , , , , , , , , , , , , , ,

コメント・質疑応答

会員記事のコメントは記事上ではログインしないと表示されません。
会員の方はユーザー名が入ってしまうので別名を希望の方はこちらで申請してください。
連続投稿する場合は「自分の最初のコメントに返信」してください。
記事に無関係なコメントは禁止です。良識の範囲内でご利用ください。
業者からのスパム広告を防止するシステムを採用しています。短期間内に連続投稿をするとシステムにスパム登録されてしまい一切の投稿ができなくなりますのでご注意ください。

  1. momo56 より:
    このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。
    • 涅槃の書-自分 より:
      このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。
    • momo56 より:
      このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。
    • 涅槃の書-自分 より:
      このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。
    • momo56 より:
      このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。
    • 涅槃の書-自分 より:
      このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。

コメント・質疑応答

  関連記事

社会で生きていくために(3)
得をすれば損をするようになっている
幸せをつかむとき
自信を回復させる方法
盲目性を突破する
2つのツマミで現実を変更する
そのとき咲いている花
羨む世界がここにある