他者のなかにはあなたがいる

人と関わっていて
腹がたつときがあるだろう

たとえばこちらが
気を遣って接しているのをいいことに
相手が偉そうな態度をしてきたとかね

あなたは
「この人何を勘違いしているのだろうか」
という苛立ちに包まれる

配慮というものを知らない世間知らずだと
そんな憤りがしばらく続いてしまう

だがあなたのその怒りは
本当にその人が原因なのだろうか

あなたは自分が
「自然体になれなかった悔い」を
その人のせいにしているだけではないかな

 

1.

自然体であるとはどうあることなのか
よく考えてみるといい

他者への気遣いや配慮
笑顔を保つこと

もちろんそれらは悪いことではない

だけどもそれらが
「自分のあり方」になっていないだろうか

自分は気を遣える人間だ
自分はちゃんと
笑顔で接することのできる人間だ

そんな自負が「すべて」であるから
他者の反応に腹がたつのだよ

だからどこに軸を置くのかを
改める必要がある

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。→ . 会員登録はお済みですか? 会員について

この記事を保存・共有できます。

Notes , , , , , , , , , , ,

コメント・質疑応答

会員記事のコメントは記事上ではログインしないと表示されません。
会員の方はユーザー名が入ってしまうので別名を希望の方はこちらで申請してください。
連続投稿する場合は「自分の最初のコメントに返信」してください。
記事に無関係なコメントは禁止です。良識の範囲内でご利用ください。
業者からのスパム広告を防止するシステムを採用しています。短期間内に連続投稿をするとシステムにスパム登録されてしまい一切の投稿ができなくなりますのでご注意ください。

  1. ダテキヨ より:
    このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。
    • 涅槃の書-自分 より:
      このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。
  2. ダテキヨ より:
    このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。
  3. aslan より:
    このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。
    • aslan より:
      このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。
    • 涅槃の書-自分 より:
      このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。
  4. aslan より:
    このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。
    • 涅槃の書-自分 より:
      このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。
  5. buruku10 より:
    このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。

コメント・質疑応答

  関連記事