人生は結果である

今日のあなたが
これまでの記憶でできてるように

つまりこれまでしてきたことや
これまで思ってきたこと

そうした過去や経験の結果として
いまのあなたがここに現れている

そうした過去が「時間的な過去」なのか
それとも「いま描かれた過去」なのかは
この段階ではまだ置いておくけども

今日のあなたが
これまでの結果であることに違いはない

つまり人生とは”結果”であるわけだ

 

1

「人生は結果である」
このことはよく胸に刻んでおこう
大事なことだからね

だけども「人生は結果である」とは
結果を目指して生きろということではないから
注意しなければならない

そうではなくて
どう生きたかの結果であるということだ

一般に私たちは
結果を目指して生きている

幸せになりたい、もっと良くなりたい
そんな願いや欲望を叶えるために
未来の結果へ向かっているわけだが
そんな日々はひたすら慌ただしくて
常に追い詰められたものになってしまう

なぜなら結果に辿り着かなければ
人生は一度もはじまっていないからだ

そうなると
数えるだけの瞬間のためだけに
あなたは生まれてきたことになるね

むしろ
「そりゃそうですよ、なにがおかしいの?」なんて
時代に翻弄された返答をするかもしれない

もちろんいつも話しているように
何かを目標立てて
それに励むのは素晴らしいことだ

だがその結果にだけ囚われている限りは
「いま」は見失われて
情熱を注いでいるような生き方にはなれない

 

2

よって幸せな人生のあり方がみえてくる

前述したように
人生とは結果であるけども
それはどのように生きたかの結果であり

言いかえれば
いま目の前にあることと
どのように関わったかにある

人や動物に優しくできたり
なにかを真剣に取り組んだり

そうした日々の”結果”こそが
あなたの人生なんだ

つまり幸せになりたい、もっと良くなりたいと
追いかけるのではなく
それらは”結果的なもの”として留めておいて
「いま」をもっと自由に柔軟に生きてみること

たしかに人や動物に優しくしなくても
毎日は過ぎていくだろうし
家事や仕事なんかも
無気力に応じ続けることはできる

未来の結果をみているからこそ
道中のそれらは無意味にしか映らないだろう

もちろんやがては
そのずっと待望していた未来の結果とやらを
手にするかもしれないが

しかしそのときあなたが感じるのは
期待していたよりもなんだか虚しいということだ

そうした虚しさを幾度となく感じた末に
自らの愚かさに気づくことになる

それはわずかな意味あることのために
膨大に葬られた”無意味”なことにこそ
人生の本当の意味があったんだと悟るからにある

あの人とはもう会えないから
優しくしてやることができない

できたのになんでしなかったのか

しなかった理由はいまとなれば
まったく見当外れのものだった

買い物に出かけたときも
目当てのものばかりに気が向いて
その日の空がどんな美しさだったかも知らない

親切に応対してくれた店の人は
単に都合のよい相手でしかなく
その親切さの奥深くにある”神秘”を
まるで感じとれてなかった

また会社で「今日は不思議とすいすい捗るぞ」
という日があったとき
「よーし、ちゃっちゃと終わらせて
帰って部屋でゲームだ」なんて
せっかくの人生の充実を台無しにしてきた

しかし家に帰ってどうだったのか?
相変わらずの虚しい時間が過ぎただけじゃないかな

それは会社にしろ他のなにしろ
それらが人生を妨害するものという先入観が外れず
つまり目の前のことに
「どのように関わるか」という”自由”を
日頃から生きていないからなんだ

 

 

4

だから未来の結果を目指して
「いま」を蔑ろにするのではなくて
いまどう生きるか、いまどう接するかを
楽しみながら生きるとき
その”結果”はとても偉大なものとなる

いつ振り返ってみても
「よい人生だ」と誇らしい気持ちになるだろうし
生まれてきたことの喜びや感謝に満ちるだろう

そしてなにより重大なのは
つまりそうして未来を生きず
ひたすら「いま」と生を調和させていくとき
人生の光景や状況が大きく変化するということだ

いいかい、人生の光景が変わるというのは
「過去が変わる」ということにある

それは未来に縛られないとき
同時に過去に縛られていないからなんだけども
(未来とは過去を土台にした想定であるからね)

ここで冒頭で仄めかせていた
「時間的な過去」から「いま描かれた過去」への
意識レベルでの”移行”が生ずることになる

つまり過去はその都度描き変わるのであって
過去が変わるからこそ
いまある世界もがらりと変わる

とはいえ”世界のなかに描かれている自分”は
過去が変わったなんて気づくことができない

すでに変化した”結果”の世界
思考する自分が描かれているからだ

それはうたた寝で眠りに落ちたとき
夢の世界がリアルであると
思い込んでいるのと同じ

長い過去があって自分や現実があるのだと
夢のなかでは信じ込んでいるわけだが
しかしあなたが眠ったばかりにあるのを
隣で寝顔をみてる私は知っている

では、”あなた”が
自らが夢のなかにいることを知るには
どうすればいいだろう?

全文をお読みいただくにはご入会後にログインしてください。数千本の記事を自由にご覧いただけます。→ . またご入会や入会の詳しい内容はこちらから確認できます→ ご入会はこちらから


Notes , , , , , , , , , , , , ,

コメント・質疑応答

必ずお読みください
・会員記事のコメントはログインしないと表示されません。
・会員の方はユーザー名が入ってしまうので別名をこちらで申請してください。必須。
・連続投稿する時は自分の最初のコメントに返信してください。
・記事に無関係な投稿は禁止です。良識範囲でお願いします。
・対応の状況によりすべてのコメントに作者が返信できるものではありません。
規定の文字数に満たない短文、英文のみは表示できません。また半角記号(スペースやクエスチョンマークなどの感嘆符)は文字化けなどのエラーになりますので使用しないでください。使われる場合は全角文字でご使用ください。
・他の利用者を勧誘や扇動する行為、犯罪行為を正当化するコメントなどは禁止です。その意図がなくても事務局でそのように判断された場合はその箇所を修正削除させて頂く場合があります。予めご了承ください。
・同一者の投稿は1日1〜2件程度(例外を除く)に制限させていただいております。連投分は削除させていただきます(コメント欄が同一者で埋まり独占的な利用になってしまうのを防止するためであり日を跨いだ投稿も調整させていただく場合があります)
・個人情報保護法により個人情報や会員情報に関する箇所が含まれている場合は該当箇所を削除させていただきます。
・投稿内容に敏感な方も多くいらっしゃいますので、暴力的な表現など他の利用者様へ影響を与えそうな文面はお控えください。
・意図的であるなしに関わらず、文章が途中で途絶えているものは掲載不可となります。もし誤って送信された場合は早めに追記として再投稿してください。
・マナーを守らない場合は規約違反となります。また他のユーザーや当事業部、作者への中傷や毀損と思われる言動は会員規約に則り強制退会および法的措置となりますのでご注意ください。
・投稿者による有料記事の大部分に渡る引用は禁止しております。
・スパム広告対策にセキュリティを設定しております。投稿後に承認待ちと表示される場合がありますがしばらくすると表示されます。また短時間の連続投稿はスパム投稿とみなされるため承認されません。時間をおいてください。
・コメントシステムはWordpressを利用しておりますので他でWordpressアカウント(Gravatar)を設定されている場合、アイコン画像がコメント欄に表示されます。会員登録されたメールアドレスで紐づきますので、もしアイコンを表示させたくない場合はお手数ですがこちらより涅槃の書の登録メールアドレスを変更してください。

  1. luca より:
    コメント交流をご覧いただくにはログインが必要です。

コメント・質疑応答

  関連記事

-->