世界とひとつになる

気軽に生きていくには「ひとりで生きないこと」にある。これはいくつかの重要な意味を含んでいる。たとえば私は毎日たくさんの文章を書いているが、ストレスが溜まることはない。なぜなら私が書いているのではないからだ。

といっても他の誰かが横で手伝っているわけではない。書くべきことがやってきて、そしてそれが文字として目の前に現れていく。私はその流れをただ許しているだけなのである。ゆえに気軽なものだ。

今回の手記では”本当の意味”で肩の力を抜いて、軽やかに生きていく術を記してみよう。これを掴めば世界はあなたに「望み通りの人生」を歩ませてくれるようになる。

1.自他一体

とても集中できたときや、順調に物事が片付けられたとき、まるで「自分じゃないような力」を感じたことはないだろうか。その通り、それは普段のあなたが持っている力ではない。言ってみれば風力で推進する帆船と同じような状態にあったといえる。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。→ . 会員登録はお済みですか? 会員について

この記事を保存・共有できます。

Notes , , , , , , , , , , , , , , , ,

コメント・質疑応答

会員記事のコメントは記事上ではログインしないと表示されません。
会員の方はユーザー名が入ってしまうので別名を希望の方はこちらで申請してください。
連続投稿する場合は「自分の最初のコメントに返信」してください。
記事に無関係なコメントは禁止です。良識の範囲内でご利用ください。
業者からのスパム広告を防止するシステムを採用しています。短期間内に連続投稿をするとシステムにスパム登録されてしまい一切の投稿ができなくなりますのでご注意ください。

  1. momo56 より:
    このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。
    • 涅槃の書-自分 より:
      このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。
  2. 10のマイナス24乗 より:
    このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。
    • 涅槃の書-自分 より:
      このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。
  3. aslan より:
    このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。
    • 涅槃の書-自分 より:
      このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。
  4. aslan より:
    このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。

コメント・質疑応答

  関連記事

心のランタンに火を点ける
カタチの世界が崩れ去るとき
幸せが織られていく
シンプルに行動を起こしていくには
あなたはハサミをつかう
世界を許すと人生は限りなく好転していく
魂を浄化する
ある一匹の猿