青い大海原

コーヒーに落としたミルクは
だんだん広がって
やがて完全に混ざりあう

エントロピー増大則といった
科学的な解釈は今回は置いておいて

この混ざりあっていく様子を
私たちはずっと眺めている

どこで?
いや、いまそこで

つまり認識という心の翻訳作用の
さらに始原にあるものは
そのようなものだ

周りに見える人々の姿も
部屋の様子も自分の肉体の感覚も
心がそのように翻訳しているだけで

本当のところは
ただ混ざり合っていく過程を
眺めているにすぎない

あなたという存在でさえも
その変化の経過として存在している

だから自分や他者という認識は
「翻訳した後の心の話」であることを
理解しておこう

つまり現実の世界は常に「翻訳後」なのだ

 

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。→ . 会員登録はお済みですか? 会員について

この記事を保存・共有できます。

Notes , , , , , , , , , , , , , , , ,

コメント・質疑応答

必ずお読みください
・会員記事のコメントはログインしないと表示されません。
・会員の方はユーザー名が入ってしまうので別名を希望の方はこちらで申請してください。
・連続投稿する時は自分の最初のコメントに返信してください。
・記事に無関係な投稿は禁止です。良識範囲でお願いします。
・他の利用者を勧誘する行為、扇動するコメントは禁止です。その意図がなくても事務局でそのように判断された場合はその箇所を修正削除させて頂く場合があります。予めご了承ください。
・スパム広告対策にセキュリティを設定しております。投稿後に承認待ちと表示される場合がありますがしばらくすると表示されます。

  1. ituki より:
    このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。
    • 涅槃の書-自分 より:
      このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。

コメント・質疑応答

  関連記事

お金と人生、そして夢が叶うということ
悩みを聞いてもらうことの不思議な効果
ペルソナの世界(3)
何か変だなと気付くこと
引き寄せの法則のからくり
美しい花々が咲いている
守護霊について
これからの時代を生きていく準備(2)