自然と調和するとき恐れは消え去る

脳は外部からの刺激がなくても常に活動している。刺激というのは覚醒時における視覚や聴覚に飛び込んでくる情報のことだ。

だが深い眠りにあるときでさえも、大脳皮質のほぼすべてのニューロン(神経細胞)が一斉に活動している。fMRIで確認すれば、それはゆらぎのようなものであって、波のような様子にある。

成人が1日に2000キロカロリーを消費するうち、400キロカロリーが脳に使われているのだけども、そのほとんどが待機状態、すなわち「ゆらぎ」に使われている。

全文をお読みいただくにはご入会後にログインしてください。数千本の記事を自由にご覧いただけます。→ . またご入会や入会の詳しい内容はこちらから確認できます→ ご入会はこちらから


Notes , , , , , , , , , , , , , , ,

コメント・質疑応答

  関連記事

これからの時代を生きていく準備(2)
あなたがそこにいるということ
不幸を不幸でないものに変える
自由意思という視点
問題は気づきのために起こる
信じる力が自分を救う(前編)
鬼ヶ島
恋をするのに理由はいらない
-->