他人から解放されるということ

他人を気にしながら生きているだろう

何か言われるんじゃないか
変に思われているんじゃないか
それらが原因で
思いもよらない展開になったら嫌だな

おかげであなたは
不安になったり腹が立ったりして
いつも疲れ果てている

確かに想定外のことを言われたり
望ましくない結果になったこともあった

だが同じことが
いまそこで起きてるわけではないだろう

つまり他人を気にしているというのは
またあのようになるんじゃないかという恐れ
その不都合な未来を
ただひたすら恐れている様子にあるわけだ

しかしそうやって
「いま起きていること」と
「まだ起きてもない出来事」を
結びつけてしまうようになれば
人生は暗雲に遮られたまま
恐怖の世界で暮らし続けることになる

しかもその恐怖の相手は
まだ現れてもいない”未来の存在”だから
困難を極めることになる

物理的なものは避けられても
「恐れ」そのものは
避けることができないからね

誰もあなたを狙っていなくとも
自分が狙われていると思い込めば
あなたは常に警戒を緩めるわけにいかなくなる

 

1.

ところでどうして他人が気になるのか
考えてみたことがあるかな

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。→ . 会員登録はお済みですか? 会員について


Notes , , , , , , , ,

コメント・質疑応答

  関連記事

お金に困らなくなる話(3)前編
不安を克服して本来の平安を取り戻す
七夕の夜空に出会うもの(後編)
他力本願とは
見方を変えるということ
無限の次元に到達する
夢と現実は交互に入れ替わっているだけ
魅力的な人になる方法