奇跡のなかで

夏の気配が近づいてるね

こうした季節の変わり目に
人はいつもと違う感覚になる

新鮮な気持ちになれたり
ワクワクしたりするわけだ

古い記憶も蘇るだろう
遠い昔の同じ季節に
当時流行していた懐かしい音楽や
一緒にいた友人たちや街の光景なんかだね

だがこの新鮮な気持ちは
理由や根拠があって生じているのではない

何かが始まりそうな予感
世界が大きく変化しているような感覚

そんな日頃とは違う貴重な何かに
ただわけもなく包まれている

それは小学生の頃も
10代や20代の頃もそうだった

これから新しい幕が開くのだと感じていた

人も街もきらきら輝いてみえた
朝の空気や夕方の美しさが素晴らしかった

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。→ . ご入会や入会の詳しい内容はこちらから確認できます→ 会員について


Notes , , , , , , , ,

コメント・質疑応答

  関連記事

-->