人を愛するということ(解説)

この連載には多くの反響メールがあったんだけども、同じ箇所でいまひとつ理解できていない様子なので、返信も兼ねて補足として加えておくよ。

第一にあなたが問わなければならないのは、自分はいずれ死ぬという制限のある生を生きているということだ。

だがいったい「何が」死ぬのだろうか。

これは言い換えれば、自分は何のために生まれてきて、そしてなぜこんなに頑張って生きているのか、という問いになる。人間関係や支払いや将来のことに追われて、不安になったり焦ったりするために生きているのだろうか。どこかの誰かによって引き起こされたトラブルの対処班としてこの世に放り込まれたのだろうか。

こうした根源的な問いを分解して答えているのがこの連載となった。そこで連載を振り返りながら解説をしていこう。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。→ . 会員登録はお済みですか? 会員について

この記事を保存・共有できます。

Notes , , , , , , , , , , ,

コメント・質疑応答

  関連記事