マインド探偵事務所

人と接するとき
または見知らぬ人とすれ違うとき
「どこに視線を向ければ良いのか」

これはまさにマインドの機能不全性
表している

あなたは思考を頼りに生きているが
蓋を開けてみれば
思考は恐れを作り出すことしかできない

考えること、
それはそこに「対象を作り出す」ということだ

 

人を助けるということ

他者のために私は力になれなかった
よって私はダメな人間だ

このような心の声を
聞いたことがあるかもしれない

いいかい、「誰か」を
助けようとするから苦しむのだ
その誰かは実在しない
あなたが助けるべき対象として
そこに浮かべているに過ぎない

あなたが誰かを助けているとき
つまり”全体とひとつになっている”とき
それはあなたが
自分のことをやっているときなのだ

植物をみなさい
太陽をみなさい
自然そのものをみなさい

なにひとつとして
「誰かのため」なんて考えていない
だが各々の存在そのものが
全体を支えるピースであるのは明白だ

つまり「助けている」なんて意識はない
誰かを助けられなかった、なんてのは
単なるエゴの叫びだ
ましてや「私は誰かを助けたい」なんて
言葉に踊らされちゃいけないよ

私は家族のために頑張っている
私は世のために生きている
こんな考えは捨てることだ

この全体性のなかで
あなただけがひとりで勝手に
マスクマンとなって右往左往しているだけだ
その滑稽な姿に気付きなさい

あなたは誰を助けることもできない
そして誰もあなたを助けることはできない
その見えない何かに
手をつけようとするほど
どんどん深い沼にはまっていく

すべては実体のないものだ
あなたがそこにそれを作りだしているのだよ

 

意識を向ける先

さて最初のお題だ
「どこに視線を向ければいいのか」
ケースは違えど私宛に相談されるものは
これと同じようなものだ

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。→ . 会員登録はお済みですか? 会員について

この記事を保存・共有できます。

Notes , , , , , , ,

コメント・質疑応答

会員記事のコメントは記事上ではログインしないと表示されません。
会員の方はユーザー名が入ってしまうので別名を希望の方はこちらで申請してください。
連続投稿する場合は「自分の最初のコメントに返信」してください。
記事に無関係なコメントは禁止です。良識の範囲内でご利用ください。
業者からのスパム広告を防止するシステムを採用しています。短期間内に連続投稿をするとシステムにスパム登録されてしまい一切の投稿ができなくなりますのでご注意ください。

  1. mhayata より:
    このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。
    • -自分- 涅槃 より:
      このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。

コメント・質疑応答

  関連記事

あなたの仕事
人生は最初からエンドロール
無限の子どもたち
生のリズムに乗ってハッピーのシャワーを浴びる
もやもやした気持ちを解放する
現実の向こう側へのアプローチ
若返る法
人間という言葉の世界