現実が重い原因はすぐそばにある

今日は体が快適だな
というときがあるだろう

ぐっすりと眠れた日曜の朝などね

食べ過ぎてもないから胃腸が重くないし
エアコンは心地よい温度に設定され
肌がベタベタしない

そんな状態というのはまさに
グッドコンディションであるのだけども
快適であるというのは
精神が自由を感じているということだ

心が不快さに干渉されていない
ということにある

ここは重要だから覚えておきなさい
つまり「快適」とは得るものではなく
余計なものを落としたという様子にある

誰もが不快さという見えない鎖に
縛られて暮らしている
おかげで心は切迫して一息つく間もない

日曜だって明日からの一週間のことで
頭のなかは一杯だろう

あなたにとって「不快な原因」とは
行きたくない会社であり
顔を合わせたくない上司や同僚であり
そもそも働かないと
支払いができないという
この生活そのものである
そのようにいつも思っている

そんなことじゃ日曜日は楽しめない
処刑前の囚人が牢屋に
放り込まれているのと変わらない

確かに現実はそこにある
だがその重くるしさは
現実があなたに与えているのではないのだ

明日からまた一週間が始まるが
あなた自身が自由でなければ
一生牢屋から抜け出すことはできない

だがいいかい
お金も人間関係もなんだってそうだ
すべては簡単に解決ができる

だがそれらの「解決」は
双眼鏡を覗いた向こうにあるのではない
まったく思いもしなかった
あなたの足元に転がっているのだ

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。→ . 会員登録はお済みですか? 会員について

この記事を保存・共有できます。

Notes , , , , , , , , , , , , , , , , ,

コメント・質疑応答

会員記事のコメントは記事上ではログインしないと表示されません。
会員の方はユーザー名が入ってしまうので別名を希望の方はこちらで申請してください。
連続投稿する場合は「自分の最初のコメントに返信」してください。
記事に無関係なコメントは禁止です。良識の範囲内でご利用ください。
業者からのスパム広告を防止するシステムを採用しています。短期間内に連続投稿をするとシステムにスパム登録されてしまい一切の投稿ができなくなりますのでご注意ください。

  1. tomonori より:
    このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。
  2. aslan より:
    このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。
    • aslan より:
      このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。

コメント・質疑応答

  関連記事