ある一匹の猿

あなたは人々のことをよく知っている。家族や友人、会社のひとたちのことをね。箱の隅々までライトを照らしているように、よくご存知だ。他人博士とでも言っておこう。

だがあなたは自分が何者であるかについてはまったく無知である。

その時々の気分で性格は変わるし、さっきまで弱っちい人間だと思ったら、流れてきた音楽ひとつで別人のようになっている。その逆もよくある。

あるときは愛を語り、あるときは憎しみを語る。

他人だって同じように愛や憎しみを語るけども、あなたはそれを総合して「そのひと」という枠に入れている。だけども自分については枠が定められない。ときに愛のひとであり、ときに憎悪のひとなのだ。

あなたは誰なのか。距離が近すぎてそれはわからないだけなのか。確かに富士山に登っているときは、写真で見るような富士山を知ることはできない。じゃあ遠く離れたらあなたはどのように見えるのだろうか。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。→ . 会員登録はお済みですか? 会員について

この記事を保存・共有できます。

Notes , , , , , , , ,

コメント・質疑応答

会員記事のコメントは記事上ではログインしないと表示されません。
会員の方はユーザー名が入ってしまうので別名を希望の方はこちらで申請してください。
連続投稿する場合は「自分の最初のコメントに返信」してください。
記事に無関係なコメントは禁止です。良識の範囲内でご利用ください。
業者からのスパム広告を防止するシステムを採用しています。短期間内に連続投稿をするとシステムにスパム登録されてしまい一切の投稿ができなくなりますのでご注意ください。

  1. ダテキヨ より:
    このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。
    • 涅槃の書-自分 より:
      このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。
  2. tamatama3 より:
    このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。
    • 涅槃の書-自分 より:
      このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。

コメント・質疑応答

  関連記事