望みの世界で暮らすには

夢を実現するのに絶対にしておくべきことがある。それは日頃から夢見ていることだ。

眠っているときの夢は気にしていることがでてくる。つまり心で思っていることがそのまま体験となる。

それは目を覚ましているときも同じであり、さもしい気持ちを抱えていれば他者や社会はよりそれを強化するような態度を見せてくる。逆に些細なことで喜んでいるならば、世界は幸せに満ちて、関わる人々はあなたに共感して優しくなる。

つまり現実化のカラクリとは「自分がどのように物事を見ているのか」というだけのことなのだ。「なあんだ」と肩を落としてはならないよ。この「見え方」というのがすべてなのだから。

あなたが大金持ちになるのも、家に強盗が入るのも、それらは事実ではなく見え方なのだ。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。→ . 会員登録はお済みですか? 会員について

この記事を保存・共有できます。

Notes , , , , , , , , , , , , , ,

コメント・質疑応答

  関連記事

素敵なひとが現れるとき
世界の背後にあるサイクルを知り現実という色を塗り替える
こどものように楽しむこと
現実と夢の違い?
アカシックレコード
宇宙の視点で地球を眺める
現実はなぜあるのか
鍵をあげよう