ハードルは高いほどくぐれる

よく格言として語られるものだが
これは願望実現や現実変容において
とてもよい題材だといえる

ハードルの上を超えるのか
それとも下をくぐるのか

ということだ

 

平坦な道に気づく

さて人生というのは意外な展開をするもので
たとえばいま天職についている人は
最初からその職に就こうと
目指していたわけではないことが多い

求めていたものに挫折したときに
たまたま目の前に現れたものが
不思議と自分にフィットすることに気づく

それはまったく想定していなかったもので
まさかそれが自分に合うなんて思いもしなかった

しかし
それまで目指していたことの経験やスキル
その分野で見事に適応したんだ

その人が当初求めていたものは
高いハードルとしてあった

それをいかにして
飛び越えようかと躍起になっていた

飛び越えてもまた一段高くなる

競争相手が出てきたり
自分自身に納得がいかなかったり

そんなことで
ハードルと向き合う日々が続いていく

ところがあまりに高くなりすぎて
いつの間にやらその下
気軽にくぐれるようになったわけだ

 

子どもへの教育

つまり人生の可能性の幅というのは
このハードルの下の空間にあるといえる

「若いうちの苦労は買ってでもせよ」なんて
昔の人はよくいったけども

そうしてハードルを高めておくと
その後の人生で起こりうる出来事が
他の人のように重たいものにみえない

それは「目線をおろせるから」であり
人間関係であれ生活であれ
風に舞うように柔軟に応じていける

欲望にも心囚われることがない

もちろんそれを期待して
子どもや部下に苦労を押しつけるのは
間違えているがね

本人が「買うこと」からはじまるわけで
あくまで自発的なものだ
そうやって自らの力で
何かに気づけなければ意味がない

だがそのようにうまく誘導できるならば
それはよい教育となる

 

魔法が解ける

天職の話に戻るけども
たとえばこういうのもある

ある男性が女性にモテたいと悩んでいた
つまり彼女ができたことがなかった

そして髪型や服装など
いろんな研究をしてみたけども
それらは日増しに詳しくなるのに
本願はまるで実現しない

そうしているうちに
その知識が活かされる仕事に巡りあい
業界では名を知らぬ者がいない存在となる

それはあの日々が
ライフワークとしてあったからで
彼にしてみればその仕事は
呼吸をしているようなもの

むしろ自分のやりたいようなことが
次々実現できていくわけで
毎日が楽しくて仕方ない

これが「天職」の意味するところとなる

しかしそういう業界ゆえに
美しい人たちが集まってくる

だが彼は知ってる

いやいや
俺はあの目的を達成してはならない

なぜならそのとき
この充実した毎日が終わるからだ

 

願望が実現する場所

もちろんこれは示唆を含ませている

彼が彼女を得ても
それだけでガラガラと崩れ去るわけではない

ただし彼女ができたとしても

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。→ . ご入会や入会の詳しい内容はこちらから確認できます→ 会員について


Notes , , , , , ,

コメント・質疑応答

必ずお読みください
・会員記事のコメントはログインしないと表示されません。
・会員の方はユーザー名が入ってしまうので別名を希望の方はこちらで申請してください。
・連続投稿する時は自分の最初のコメントに返信してください。
・記事に無関係な投稿は禁止です。良識範囲でお願いします。
・対応の状況によりすべてのコメントに作者が返信できるものではありません。
・規定の文字数に満たない短文、英文のみは表示できません。また半角記号(スペースやクエスチョンマークなどの感嘆符)は文字化けなどのエラーになりますので使用しないでください。使われる場合は全角文字でご使用ください。
・他の利用者を勧誘する行為、扇動するコメントは禁止です。その意図がなくても事務局でそのように判断された場合はその箇所を修正削除させて頂く場合があります。予めご了承ください。
・同一者の投稿は1日1〜2件程度(例外を除く)に制限させていただいております。連投分は削除させていただきます(コメント欄が同一者で埋まり独占的な利用になってしまうのを防止するため)
・個人情報保護法により個人情報や会員情報に関する箇所が含まれている場合は該当箇所を削除させていただきます。
・投稿内容に敏感な方も多くいらっしゃいますので、他の利用者様へ影響を与えそうな文面はお控えください。
・スパム広告対策にセキュリティを設定しております。投稿後に承認待ちと表示される場合がありますがしばらくすると表示されます。また短時間の連続投稿はスパム投稿とみなされるため承認されません。時間をおいてください。

  1. shiy より:
    このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。

コメント・質疑応答

  関連記事

-->