猫とマグカップ

ある物をみて
「それは好きじゃない」と感じたとしよう

薄い水色のマグカップかもしれないし
袖にラインの入った上着かもしれない

どうしてかと聞いてみれば
ある人を連想させるから」だと
あなたは答えるかもしれない

その人が使っていたものか
またはその人の心貧しい印象を
そのマグカップの水色から
思い浮かべてしまうのかもしれない

逆にこういうのものあるね

猫の仕草をみて
あの愛しい女性のようだ」と思う

たとえば懐いている飼い猫が
あなたの近くでわざと背中をむけて
座っているのと同じことを
その女性があなたのそばで
みせたことがあるからだ

当時あなたは彼女のその仕草から
好意的なアピールを感じていたが
いまは飼い猫の姿に同じものをみている

 

現実の”材料”はとても少ない

さてこうして現実を眺めてみれば
それが好きであれ嫌いであれ
「似たもの」ばかりであることに気づくだろう

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。→ . ご入会や入会の詳しい内容はこちらから確認できます→ 会員について


Notes , , , , , , ,

コメント・質疑応答

  関連記事