世界が満ち溢れていることに気付くとあなたはすべてを得ている

有名な方便がある
「足るを知る」だ

可愛い小動物?車?異性?

欲しい、飼いたい
仲良くなりたい

「一緒に過ごせたら毎日楽しいだろうな」
そんなイマジネーションが心に湧いてくる

ハートは踊り
世界は明るく広大になり
至福のメロディが奏でられる

あなたが満たされた感情だけを留めれば
その現実は後から付いてくる
現実を先に手に入れようとしてはならない
気が付いたらそうなっているものなのだ

求めるという意識がないとき
自然とそれがそこにある流れとなる

「友達」に似ている

友達は作るものじゃない
気が付いたら友達だったのだ

あなたがエゴの欲求から求めるとき
世界からそれを対象として
切り取ってしまうことを意味する

覚えておきなさい
コインには裏側があるのだ

あなたが対象を作り出してしまうと
陽のあたる正面とその裏側に影を作る
影はあなたにマイナスの感情を与える
責任、制限、不安、罪責、憂鬱、喪失
つまり幸福を得たつもりが
不幸も同時に得てしまっているのだ

そして陽が落ち始めると
正面の輝きはどんどん滲んでいき
裏側の影は恐ろしいほどに伸びていく

無限の豊かさに満ちたハート
それは世界のカラフルな色彩のことだ
あなたはすでに満ち足りた世界に
生きているのだよ

得るまでもなく得ている
得ようとするからいつも遠いのだ

だから欲望を捨てれば捨てるほど
世界に溶けていくことを目にするだろう
世界そのものはすべてを含んでいるのだ

 

この記事を保存・共有できます。

Notes , ,

コメント・質疑応答

会員記事のコメントは記事上ではログインしないと表示されません。
会員の方はユーザー名が入ってしまうので別名を希望の方はこちらで申請してください。
連続投稿する場合は「自分の最初のコメントに返信」してください。
記事に無関係なコメントは禁止です。良識の範囲内でご利用ください。
業者からのスパム広告を防止するシステムを採用しています。短期間内に連続投稿をするとシステムにスパム登録されてしまい一切の投稿ができなくなりますのでご注意ください。

  1. ワモノ より:

    この手記のタイトルは「知足者富」ですか?

    • -自分- 涅槃 より:

      ワモノさん

      そう、老子の言葉だ。人は何かを得ようとするとき、何かに向けて努力をしているとき、すでにあったものを失ってしまう。なぜなら失わなければ得ることはできないからだ。

      物質的な話ではないよ。物や金がどれだけあろうが、心の空虚は満たされない。つまり失ったものは埋まらない。そうではなく求めないことに神髄はあるのだよ。それが「足るを知る」だ。

      あなたは何か得たとか、良いことがあったとか、そういう外的なハプニング以外に「満たされている時間を過ごしているとき」のことを思い出せるかな?

      「反応だけの人生」が長いほど、喜びすら反応でしか感じられなくなるから、この質問への正しい返答は難しいかもしれない。

      だがもし思い出せるなら、その気分は内側からやってくるはずだ。”思い出すだけ”でいいのだよ。それが「知足者富」となる。

    • ワモノ より:

      お返事ありがとうございます

      やはりそうなんですね
      「知足」という言葉は前々から気になっていたんですが、意味を調べてみても不平不満を抱かず、分相応で満足することというようなことしか書かれておらず腑に落ちませんでした

      >人は何かを得ようとするとき、何かに向けて努力をしているとき、すでにあったものを失ってしまう。
      >なぜなら失わなければ得ることはできないからだ。

      そしてようやくこのあたりのことが理解できました

      >あなたは何か得たとか、良いことがあったとか、そういう外的なハプニング以外に「満たされている時間を過ごしているとき」のことを思い出せるかな?

      最近はそういう時間が少しですが増えてきました
      まだ反応で過ごす時間の方が長く、今にとどまれる時間は短いのですが思考に気付く回数は多くなりました
      一番心地良いのは不幸を着るですね
      自然と身体を感じられるし、何故か現実が自分に関係ないように感じます

    • -自分- 涅槃 より:

      ワモノさん

      生とは本来エネルギッシュでダンサブルなものなのだ。悲しいものではない。だが人々は嘆き苦しんでいる。死別や離別に胸を痛めている。喪失、忘却、老い、あらゆる可能性が消えていくことに為す術もない。

      それは未来や過去に自分を置いてしまっているからに他ならないのだよ。過去という「私はこういう人物だ」があり、未来という「行き先」を背伸びして見つめている。いま立っているその場所があることに誰も気付いていない。

      そこだけが唯一の踊れる場所なのに、誰も踊ろうとしない。

      あなたが不幸を着るとき、いまいる場所に立っていることを知る。未来のあの人や過去のあの人には見劣りするかもしれないが、あなたは誰よりもそこで華麗に踊ることができる。それが「生きている!私はここにいる!」というものだ。

      最高の「いま」を弾け続けてやりなさい。あなたがそこにいることに委ねるならば、時間は止まる。永遠の次元が派手に開かれるだろう。

      素晴らしいメッセージをありがとう。

コメント・質疑応答

  関連記事