優しくなりたい

恋人がどれだけあなたに
愛していると言っても
いまいち信じられないかもしれない

相手が嘘を言っているのではないとしても
なんだかその言葉を
真に受けることができない

恋人じゃなくても
家族や友人でもそうかもしれないね

気遣ってくれることは感謝するけども
その気遣いがどうも
薄っぺらいものに感じている

もちろん彼らに非があるわけではない

むしろ彼らがそういうやり方でしか
伝えることを知らないということに
ジレンマを感じてしまうわけだ

だがそれは己自身も同じであり
自分が誰かに愛を伝えたり
落ち込んでいる相手に気遣ったりするとき
いつも言い足りていない気分になる

もっと奥深いものがあるのに表現しきれない

まるで片言の英語で
伝えているような感覚にある

 

優しさとは

もしあなたがこのジレンマに
気づいているならば

全文をお読みいただくにはご入会後にログインしてください。数千本の記事を自由にご覧いただけます。→ . またご入会や入会の詳しい内容はこちらから確認できます→ ご入会はこちらから


Notes , , , , , , , , ,

コメント・質疑応答

  関連記事

怒らなければ人生は幸せになる
自己を解放して人生を楽にする
心配は必要ない
フィクションの世界(1)
信じる力が自分を救う(後編)
R2-D2
人生の宝物
意識と無意識(前編)
-->