その世界は実在しない

 
誰かと話している
道を歩いている

どんなときも光景が目に映っている

いいかい
「目に映っている」

それは文字通りだよ

その外側にはなにもない
その話し相手の誰かさんも

目の表面に浮かんでいるだけであり

実在しているわけではない

 

この記事を保存・共有できます。

Notes , , , , , ,

コメント・質疑応答

会員記事のコメントは記事上ではログインしないと表示されません。
会員の方はユーザー名が入ってしまうので別名を希望の方はこちらで申請してください。
連続投稿する場合は「自分の最初のコメントに返信」してください。
記事に無関係なコメントは禁止です。良識の範囲内でご利用ください。
業者からのスパム広告を防止するシステムを採用しています。短期間内に連続投稿をするとシステムにスパム登録されてしまい一切の投稿ができなくなりますのでご注意ください。

  1. 困ったさん より:

    SF漫画じゃありませんが脳みそにセンサーだけ繋いで映像流せば映画の主人公が自分のように錯覚できるかもしれません。

    今見てる全てが夢だから、だから何故私の心の中が読めるのだ?みんな実は超能力者???とか、物心つきはじめた幼い頃は親も親戚も含めて私がいない見えないところでは実は宇宙人であって私が見えるときだけ見事に騙されて親や友人を演じてる。そんな妄想を半ば本気で思ってました。大人になってそんな妄想を子供の頃したという話を友人、知人にすると以外にも俺も、私もそう思ったという答えが返ってきたものです。

    壮大な夢のマトリックスを五感というセンサーを通じて現実と認識している。だとしてもセンサーから感じとる暑さ、寒さ、痛み、快不快はその感覚を引き起こすためのセンサーですのでセンサーデバイスが故障しない限りは認識はそうそう変えられない。ならば流すフィルムをそのまま交換したいのですが私のマインドはそれすら出来ない。

  2. 困ったさん より:

    神様がいるなら私に修行する、気づかせるというより逆に追い込まれてるるような気がします。
    昔から、とくに中学生ころから異常なタイミングの悪さ。気持ちを立て直してこれじゃ駄目、もう一度人を信じてみよう、前向きになってみよう。よいことを考えようとすればするほど、期待だけさせる、すかしっ屁を食らわされる。
    どの道はずすと決まってるなら変に期待させるようなこと起こらなければいいのに。希望をもった瞬間、明るい気持ちになった瞬間、まるでおまえは暗闇がお似合いとでもいいたげにポシャる。
    ラッキーな知らせが来ると、冷静になる前に嬉しいが無意識に先に来るから。
    それなのに後でがっかりさせるって。
    何度、神様は私が嫌いなんだと思ったことか。神様が私を死なせたがってる気がするのですが…。

  3. 自分 -涅槃- より:

    >>困ったさん

    少しずつ、いまあなたが理解しようしている側
    つまりスピリチュアルの側へ浸透していきなさい

    いずれ転換点がくる

    ふらふらと自転車い乗れる練習をして
    転倒するのじゃないか?など
    全意識がそちらに向けられている状態から
    何も意識せず自転車に乗っているときのように
    転換点がくる

    あなたのその現実も
    徐々にあなたが固めていったものだ

    だが別の何かに置き換わるとき
    それはまた違う現実が起こるから
    真の理解にはならない
    どちらもマインドだ

    だがね

    現実は変わるということを
    身をもって知ることになる

    あなたはマインドを従えられるようになる

    すべてはそういうことだったのかと、
    あなたに深い納得が起こるだろう

  4. ONEPOINT より:

    頭でイメージしたことは空想だが目の前の現実は確固たるものだと
    思っていましたが、それすらも「私」を通して生み出されているのですね。

    • 自分 -涅槃- より:

      >>ONEPOINTさん

      あなたが空を飛ぶ空想をしたとする
      突然羽根が生えたような気落ちになり
      部屋の中を飛べる気になった

      実際にやってみた
      だが飛べない

      さて事実は何が起こったのだろう

      マインドは、空なんか飛べないじゃないか、と言う
      だが「空を飛ぶ空想をした」という事実は確かに起こったのだ

      そのように
      すべてはあるがままに起こっていると捉えていくことで
      あなたは無限の自由性を手にすることになる

      そしてあるポイントですべてが逆転するときがくる
      寒さを感じているとき
      「本当に寒いのだろうか?」と疑問が起こるようになる

      そこにあるのは
      寒さではなく
      もっと違うものだ

      寒さと捉えているのは
      空を飛べないとしたマインドであり
      シンプルな事実とは
      マインドを超えたもの
      つまり、「それ」が起きていた

      すべては「それ」であること
      そこに気がつくようになる

      すると幸も不幸もない
      ただ満たされた世界に自分がいたことがわかるようになる

  5. momo56 より:

    これ気づいたとき衝撃を受けました

  6. momo56 より:

    高校の時友達二人が
    視覚は二次元だけど
    手を伸ばした瞬間三次元になる

    みたいなことを話していて
    また難しい数学の話してるのか
    とそばで聴いていたのを思い出しますが

    それは数学というよりも

    この世界はあなたにしか見えていない

    ということを伝えていたんだな

    と最近気づきました

コメント・質疑応答

  関連記事