唯識と脳と現実変更(5)

これまで唯識と認知科学によって、あなたの現実世界が「なぜこのようであるのか」というその仕組みをみてきた。

私たちが日頃あれこれ考えているのは左脳であり、そうして左脳が活動することで自己意識(顕在意識)が生じている。

だけどもその自己意識は末那識の影響を受けている。つまりあなたの人格(性格や気質など)は無意識に規定されているということだ。

だから何かの出来事に遭遇したときに起こる感情や思考の傾向(癖といってもよい)は、前世に渡ってなんども重ねられてきた種子によるものとなる。

つまり起こる物事が意識にのぼり、それを思考的に解決するというのは、末那識によって現れた種子を再び末那識によって同じ種子を返しているだけであるから、この連鎖を断ち切ることで阿頼耶識の様相が変わり、すなわち現実が変わってくるという格好となるわけだ。

1.

ゆえにこれまでの左脳に偏った生きかたから「右脳的生活」へシフトしていく必要がある。

では右脳的生活とはどのようなものか。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。→ . 会員登録はお済みですか? 会員について

この記事を保存・共有できます。

Notes , , , , , , , , , , , , , ,

コメント・質疑応答

会員記事のコメントは記事上ではログインしないと表示されません。
会員の方はユーザー名が入ってしまうので別名を希望の方はこちらで申請してください。
連続投稿する場合は「自分の最初のコメントに返信」してください。
記事に無関係なコメントは禁止です。良識の範囲内でご利用ください。
業者からのスパム広告を防止するシステムを採用しています。短期間内に連続投稿をするとシステムにスパム登録されてしまい一切の投稿ができなくなりますのでご注意ください。

  1. HIRO より:
    このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。
    • 涅槃の書-自分 より:
      このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。
  2. tamatama3 より:
    このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。
    • 涅槃の書-自分 より:
      このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。
  3. PG より:
    このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。
    • 涅槃の書-自分 より:
      このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。
  4. imorder より:
    このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。
    • 涅槃の書-自分 より:
      このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。
    • imorder より:
      このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。
    • 涅槃の書-自分 より:
      このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。
  5. タタータ より:
    このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。
    • 涅槃の書-自分 より:
      このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。
  6. tomonori より:
    このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。
    • tomonori より:
      このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。
    • 涅槃の書-自分 より:
      このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。
  7. タタータ より:
    このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。
    • 涅槃の書-自分 より:
      このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。
  8. タタータ より:
    このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。
  9. タタータ より:
    このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。

コメント・質疑応答

  関連記事