好きな異性のタイプ

好きな異性のタイプというのがあるね

「みんなそれぞれ生きてるのだから
好きなタイプはそれぞれ違うはずだ」
あなたはそう考えている

だが本当にそうだろうか?

「だって私と友人では好みが違う」
そういうかもしれない

だけどもたとえばあなたが
「この人の目や眉の形は意志が強そうだ」
そう判断したとしよう

だがどうしてそう判断したのだろう?

なぜその目や眉の形が
意志が強そうだと思っているのだろうか

その判断の基準は「どこで」
覚えてきたのか

つまりそれはあなたの考えではなく
どこかの考えを採用しているにすぎない
ということだ

となれば
「あなただけの」好きな異性のタイプとは
なんだろうかということになる

 

1.

さて現代はそうした
個人の自由であるべき「基準」が
以前にもまして
統一化された方向」へ進んでいる

その拍車をかけているのは
少し前の手記でも話した
「意識の市場化の影響」によるものだ

つまり誰もが「同じもの」を良いと
判断するようになってきている

だが言及してみれば
本当はもともと人間というのは
「自分独自の基準」を持つことができない

これも話してきたように
人間とは
「何かに同一化することで現れた自己意識」
のことであるからだ

心臓や胃腸が自然に動いている
この肉体への自己同一化
また「好きな異性のタイプ」というような
「価値基準」への自己同一化

そうした同一化の結果に「自分」ができあがる

つまり「自分」は実体を持っておらず
書き換え可能なソフトウェアな存在に
すぎないということだ

ところがその「書き換え」の権限を
あなたから奪いとり
それが現代のマーケットとなっている

時代や流行による変化は
当然これまでの歴史上でにもあった

だがいまや誰もが四六時中ネットに
密接していること
ゆえに情報操作が容易であることによって
「全体統一化」が以前とは
比較にならないぐらいに進行している

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。→ . 会員登録はお済みですか? 会員について

この記事を保存・共有できます。

Notes , , , , , , , , , , , , , , , , ,

コメント・質疑応答

必ずお読みください
・会員記事のコメントはログインしないと表示されません。
・会員の方はユーザー名が入ってしまうので別名を希望の方はこちらで申請してください。
・連続投稿する時は自分の最初のコメントに返信してください。
・記事に無関係な投稿は禁止です。良識範囲でお願いします。
・他の利用者を勧誘する行為、扇動するコメントは禁止です。その意図がなくても事務局でそのように判断された場合はその箇所を修正削除させて頂く場合があります。予めご了承ください。
・スパム広告対策にセキュリティを設定しております。投稿後に承認待ちと表示される場合がありますがしばらくすると表示されます。

  1. ひとつの光 より:
    このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。
  2. ダテキヨ より:
    このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。

コメント・質疑応答

  関連記事

幸せの実現
人生から「失敗」が消える法
自由はその服のなかにある
人生をマスターする
恋や友情、絆について
夢も恋もあちらからやってくる
背後で流れる大きなエネルギーを知る
世界は受け止めてくれるからいますぐダイブしなさい