罪を償うために

あなたが死んだら
この世界を誰が体験するのか

残されたひとたち?

その残されたひとたちが
後を引き継いでいることを
どうやって知るのだろうか

これはシンプルな死生観だけども
そのように考えてみれば

つまりあなたが死んで
すべてが消え失せるならば

いま体験しているどんな小さなことも
取るに足らないようなことも
すべてが償いであるといえる

少なからずとも
「それについて考えてる」わけだからね

大きな苦悩はもちろんだけども
掃除機をまわそうとか
前髪を少し切ろうとか
電車の隅っこに座ろうとか

死とはそうした一切の
「考えること」から解放されること

考えさせられるすべてから放免されること

だからこの世はすべて
己の罪の現れであるといえるわけだ

 

罪を償うためだけに
この世界を体験している

あなたの知るすべての人々
あなたの知るすべての光景

それはあなたに
「考える」という罰として
そこにみえているものだ

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。→ . 会員登録はお済みですか? 会員について

この記事を保存・共有できます。

Notes , , , , , , , , , , , , , ,

コメント・質疑応答

必ずお読みください
・会員記事のコメントはログインしないと表示されません。
・会員の方はユーザー名が入ってしまうので別名を希望の方はこちらで申請してください。
・連続投稿する時は自分の最初のコメントに返信してください。
・記事に無関係な投稿は禁止です。良識範囲でお願いします。
・他の利用者を勧誘する行為、扇動するコメントは禁止です。その意図がなくても事務局でそのように判断された場合はその箇所を修正削除させて頂く場合があります。予めご了承ください。
・スパム広告対策にセキュリティを設定しております。投稿後に承認待ちと表示される場合がありますがしばらくすると表示されます。

  1. shiy より:
    このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。
    • 涅槃の書-自分 より:
      このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。

コメント・質疑応答

  関連記事

全体とひとつになると願いが叶うようになる
あなたのために集まってくる
気分を支配する

2015.05.04    Notes, 世界辞典

感謝は自分にするものである

2014.02.05    Notes , , ,

憑きものを落とす
好きを集めるとどんどん幸せになっていく
思い込みの服を着替える
常に途中であることが「いま」である