影絵

他者というのは
あなたの心のなかにしかいない

つまりその人の態度や言動
そうした「内容」が他者なのだ

内容はあなたの理解の範囲でのみ
展開することができる

だからあなたが理解を深めるほど
他者の姿は変わっていくということだ

だがもっとも大事なのは
そうした他者性ではなく
目の前にいるその人の存在そのものを
感じ取ることである

たとえば誰かと会話しているとき
言葉の意味に振り回されるのではなく

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。→ . 会員登録はお済みですか? 会員について

この記事を保存・共有できます。

Notes , , , , , , , , , , , , , , ,

コメント・質疑応答

  関連記事

あなたは奇跡に包まれている
巨大な目玉が空に浮かんでる
使い捨てロボットが意志をもつとき-6
虚しさ
潜在意識という雲を流していく
自分の存在を知る瞑想
太陽に照らされた世界
人を愛するということ 改訂