現実という夢

仏教にこんな逸話がある。

ある残虐な人殺しがいて、彼は殺した人々の指を集めては首輪にするという卑劣極まりない行為を繰り返していた。誰もが彼を恐れていたが、彼にはそれなりに殺人鬼になる経緯があったわけだ。生まれや環境、人生で起き続けた憎悪のドラマ、そうしたものが結果的に彼を殺人者にしてしまったのだ。

そうしたある日、山で釈迦と鉢合わせになる。彼は釈迦に止まれというが、釈迦は歩いたまま「私は止まっている」というぶっ飛んだ返答をする。

当然怒るわけだが釈迦の次の一言で彼は改心してしまう。その一言とはこうだ。

「私は止まっている。動いているのはあなたの心だけだ。ずっとそうだったのだ。あなたは誰も殺してはいない。」

つまりこれが瞑想から感得される真理となる。今回はこの境地に到達できるように話を進めてみよう。

観照

よく中国の公園などで太極拳をやっている人々がいるが、あれは静止した視点で自分の動きを眺め続けている様子にある。私もよくやる。あなたもやってみるといい。別に型にとらわれる必要はない。

息を吐き出しながら、流れるままにゆっくりと体を動かしてみる。動きは自由でいい。コツをつかむまでは「両手で押し出す」という動きを重視しておくといいだろう。

また地面に立っている自分の体重を感じることだ。大地と引き合う位置エネルギーを受け入れることで、地面に張り付くような、沈み込むような感覚が起こる。

そしてそうした体の動きを「心で目撃し続けること」だ。ただ観ているだけだ。やがて体は勝手に動いていることを知ると同時に、それを観ている静止した自己を発見するだろう。

体や思考は世界と一体であり、全体がただ動き続けていたと知るのだ。

浮かぶ世界

「じゃあ物事が悪い方向に向かったら、どうすることもできないのでは?」「あの殺人鬼だって現に多くの人を殺めたわけでしょう?」

そんな疑問が起こるだろうけども、そうじゃない。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。→ . 会員登録はお済みですか? 会員について

この記事を保存・共有できます。

Notes , , , , , , , , , , , , , ,

コメント・質疑応答

会員記事のコメントは記事上ではログインしないと表示されません。
会員の方はユーザー名が入ってしまうので別名を希望の方はこちらで申請してください。
連続投稿する場合は「自分の最初のコメントに返信」してください。
記事に無関係なコメントは禁止です。良識の範囲内でご利用ください。
業者からのスパム広告を防止するシステムを採用しています。短期間内に連続投稿をするとシステムにスパム登録されてしまい一切の投稿ができなくなりますのでご注意ください。

  1. aslan より:
    このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。
    • aslan より:
      このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。
    • aslan より:
      このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。
    • 涅槃の書-自分 より:
      このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。
    • aslan より:
      このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。
  2. momo56 より:
    このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。
  3. TOMOYA より:
    このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。
  4. A より:
    このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。
  5. A より:
    このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。
    • 涅槃の書-自分 より:
      このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。
  6. A より:
    このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。

コメント・質疑応答

  関連記事