無意味に生きる

意味を求めることをやめること
それが扉を開く方法である

人は意味を求めたがる
例えば「自分の本当にやりたいこと」を考えるとき
必ず意味に結びつける
金銭的な方面だったり
生きがい、充実感とかね

そうじゃない
意味を求めた時点で
それは本当にやりたいことにならない
苦行と化している

よくある教えに

「ワクワクすること」をやりなさいとあるが
それはつまり
自意識を落とした状態になれということだ

「そういえばこれに興味があった
そうか、これが自分のワクワクだ」
こういう思考を「落とす」のだ

まったく意味や理由も付与せず
それをしたからといって何になるわけでもなく
「ただそうしたい」
それがリアルだ

あなたが自意識を落とすとき
何をやってもワクワクする

「意味付け」はあなたのエゴが発祥となる
群衆の中で際立つ必要もない
輝く必要もない
特別な人間になる必要もない
個性を持つ必要もない
やりたかったことをやる必要もない
かねてからの夢や目標を思い出す必要もない

ただの一般人になってみなさい
あなたは「あなた」ではなく
ただの一般人だ
その辺のひとり

自意識を落としたとき
ただ動物を可愛がるだろう
ただ食べ物においしいと言うだろう
ただ良い天気だと感じるだろう

「あなた」を落とすのだよ
それで扉が開く

 

ただの人になる

無意味に生きるとはニヒリズムのことではなく
意味を求めることがすべての苦の原因であること
そして意味を求めることとは
あなたが形成するアイデンティティの種であること
それを悟ることだ
だから「意味もなく」ただ漠然と在ることが
無限の豊かさに気付く唯一の生き方となる

徹底的に「意味」を追い払うには
あなたが「ただの人」になればいい
よくある
よく見掛ける
ただの人だ

あなたには夢や目標があり
そんなときに何の夢もなくただ生きている人を見て
優越感に浸っていないかね
近所のおばあさんでもいい
自分にはまだまだ人生があるから
そんなことを思っていないかな

あなたは苦しむだろう
なぜならばすべての幸せを逃しているからだよ
だから「ただの人」になりなさい
それが秘訣となる

日頃のあなたはアイデンティティの集積だ
だからあなたが見るとき
あなたは見ていない
意味付けをしようとする思考が見ている
その世界をあなたの思考が変換してしまう
あなたはいつも何か考えている
考えていることを見ている
花を見て「これはこうだから綺麗だ」

だが
あなたが本当に見るとき
あなたが本当に踊るとき
それはあなたがいないときだ
そういうことなのだよ

幸福とは
「あなた」が食べることであり
「あなた」が歩くことなのだ
そのためには
あなたが「あなた」ではないことが前提となる

逆説に感じるだろう
簡単に理解したいのなら
「ただのその辺の人」になればいいだけのことだよ
あなたはいない
あなたがいるから幸福じゃないのだよ

ただ在りなさい
ただ生きなさい
それだけでいい
そのままでいい
何も変えることなどないのだよ

あなたがあなたを捨てるとき
そこにあった苦悩はすべて消える
何度も言うが難しいことじゃない
ただのその辺の人になればいいのだ

ただのその辺の人は
ただ生きている
雨が降れば傘を広げるときもあれば
濡れているときもある
どちらでもいいのだ
ただその光景があるのだから

ただのその辺の人は平凡かもしれない
ただのその辺の人はビジネスで成功しているかもしれない
ただのその辺の人はアイドル歌手かもしれない

その光景がなんであるにしろ、だ
自意識を捨て去ること
あなたが数万人を相手にするアイドルでも社長でもだ
ただの人になりなさい

常にその場所で「ただの人」であることだ
常にそのままでいい

人生は誰もが必ず自分自身を見いだそうとする
それが苦を伴う
クラブ活動でも偏差値でもゲームでも将来の夢でも
どんなこともアイデンティティの種が撒かれる
アイドルを見て私もアイドルになりたい!だ

だが一周まわってただの一般人になるとき
大きな流れのただのひとつになるとき
つまりみんなと同じように
アイドルを見てキャーキャーと騒ぐ人になるとき
意識が「個」から「全体」に移ったとき
あなたは幸せを手にする

溶けなさい
一般ピープルというやつになりなさい

 

この記事を保存・共有できます。

Notes , , , , , , , , , ,

コメント・質疑応答

会員記事のコメントは記事上ではログインしないと表示されません。
会員の方はユーザー名が入ってしまうので別名を希望の方はこちらで申請してください。
連続投稿する場合は「自分の最初のコメントに返信」してください。
記事に無関係なコメントは禁止です。良識の範囲内でご利用ください。
業者からのスパム広告を防止するシステムを採用しています。短期間内に連続投稿をするとシステムにスパム登録されてしまい一切の投稿ができなくなりますのでご注意ください。

  1. kala より:

    子供の頃からずっと、何か特別な存在になることに必死になっていました。

    今でもそうですが、何か違和感を感じていました。

    しかし、その欲求を捨てるのが怖い、「先を越されてしまう」「悔しい」「劣等の塊になってしまう」そんな焦りの引力を感じます。

    でも、その声に従って幸せになったことがない。思い切ってそれらを振り払わないといけないのかもしれない。できるかもしれない。やっと最近思えるようになってきました。

    • -自分- 涅槃 より:

      kalaさん

      有名な公安がある。公安とは真実に気付くための謎かけのようなものだ。

      手を見てごらん。ではその手は誰の手かね?あなたは「自分の手です」と答えるだろう。

      手はわかるね、そこにある。視界にある。だが「自分」はどこにある?その「手」を眺めながらよく考えてみなさい。その手は誰のものか?自分はどこにあるのか?

コメント・質疑応答

  関連記事