世界を自在に菩薩する

すべての物事は中立である
だから「善し悪し」はあなたが
そのように見ているに過ぎない

そこに長さ5mmのチリ埃が落ちている
あるマニアはそれを100万円で買い取りたい
途端にあなたの見方が変わる
それを知れば100万円の価値だ
知らなければただのチリ
あなたの色付けという情報

例えばチリ埃すらも認識していないかもしれない
視覚的な情報
その情報をあなたが察知するかしないか

つまり人も物事も出来事もすべて
情報という中身のないものだ

どんな美女が目の前を歩いていても
美女であるという価値以前に
人であるという視覚情報を受け取らなければ
そこに美女はいない

情報という中身のないもの
情報ですべては出来上がっている
まあここでは「情報」とするがね
色即是空だ

だからあなたは情報をどうにかすれば
その情報世界を変えることができる

 

情報を循環させる

何もかも情報なのだよ
知識、記憶、五感、起こる出来事
中身はない

だから変えたければすべての情報をまとめて
「あなた」が一体どのような情報で出来上がっているか
それを見てみること

脳に任せずスクラップブックにでもパソコンでも
あらゆる知識、考え、興味のある写真、何もかもを
そこに集めなさい

あなたが生活に困っているならば
なぜ「困っているのか」が浮き出てくる
それはあなたの見ている社会構造という情報や
あなたの過去のトラウマ、
何らかで反射的に起こす思考
それらの組み合わせであることがわかる

だから困っているのではなく
困っていることにしているのだ
すべて中身はない

逆にあなたが幸福に満ちる方法も
簡単に紡ぎ出せる
すべてあなたが決めていることなのだから
あなたがあなたに聞いてみるのが一番早い

だが脳には限界がある
物事を覚えておくこと、
そこから選別して引き出すこと
それで精一杯だ

日々の感情への対処という仕事もある
常に負荷がかかっている
だからスクラップにそれらの仕事を任せるのだよ
できれば関連性を縦横無尽にソートできるような
ソフトウェアがいい

脳はただインスピレーションを受け流すだけ
それだけにフル活用できるようになる

今の時代は昔と違い
多くの情報が飛び交ってしまっている
とてもシンプルではない
だからインプットばかりで頭でっかちになる
もうパンク寸前だろう

いいかい
すべては流れる
すべては循環する

インプットばかりで
アウトプットができないこと
それは水が淀んでしまうということだ
あなたの中で溜まりに溜まって
どんどん腐っている

だから流しなさい
入ってきたものはどんどん流しなさい
仏陀ならば
彼はシンプルに流す

だけどもあなたがまだ仏陀でなければ
この過剰な情報時代に飲まれて
何をしたらいいのかわからないのならば
まずすべてが情報であることを悟り
そのマインドはインスピレーションだけが働くように
環境を構築しなさい

何も難しいことじゃない
古くの覚者も偉人も書物にまとめたように
猟奇殺人を追う刑事が情報をまとめるように
あるがままの情報の置き場は
決して脳に頼らせない

般若心経は仏説〜と始まるが
それは「私は”このように聞いた”」という意味だ
つまり般若心経自体が「空」である

色に溺れないよう
それが空であると見抜き
色を制しなさい

 

インスピレーション

人間の本質はコラージュだ
料理もそう
ビジネスアイデアもそう
何かと何かを融合させる
だがワンネスの理解があれば
それらは実は別々のものじゃない
ただ「生まれた」のだ
それをインスピレーションというのだよ

ゴッホの椅子の絵は
この世のものではない
同じものはどこにもない
だけどもキャンバスと絵の具と椅子
それらのコラージュ
ゴッホというインスピレーションが創造をした

偶然性とは偶然にあらず
そこで中身のない情報が混じり合い
ひとつの情報になる

あなたはクリエイティブに生きているとき
最高に幸せな気持ちになる
その創作性とは
あなたの中で溜まっている「知」から発生する
だからまとめるのだよ
あなたが何でできているか

思い出せないぐらい何年も前の情報が
いまのあなたの感情や思考を司っている
もはやあなたの脳の中をハミ出ている
つまり記憶じゃないのだよ
だからいくらポジティブシンキングをしようが
人格改善を行おうが無理な話だ

あなたが日頃行っているのは
空間に浮かぶ途方もない情報のキャッチ
それがあなたの挙動の原点
なぜ空間から「ネガティブ」ばかり選び出すのか
その根本のパターンを覆しなさい
あなたはインスピレーションを流すだけでいい

その他の負担は道具たちに任せておきなさい
彼らもあなたをサポートするためにそこにあるのだ
ハサミはあなたを突き刺すものじゃない
物をあなたに都合の良いように整えてくれる道具

空を見抜き
色を制するのだよ

 

この記事を保存・共有できます。

Notes , , , , , , , ,

コメント・質疑応答

会員記事のコメントは記事上ではログインしないと表示されません。
会員の方はユーザー名が入ってしまうので別名を希望の方はこちらで申請してください。
連続投稿する場合は「自分の最初のコメントに返信」してください。
記事に無関係なコメントは禁止です。良識の範囲内でご利用ください。
業者からのスパム広告を防止するシステムを採用しています。短期間内に連続投稿をするとシステムにスパム登録されてしまい一切の投稿ができなくなりますのでご注意ください。

  1. より:

    過去記事を閲覧していて目にとまったタイトルなんですけど、「自在に菩薩する」ってほんと素敵なフレーズですね!
    ちょっと普通の日本語にはない言い回しで不思議なんだけど、印象的で、なぜか非常にしっくりくる…。
    同時にワクワク感もありますよ。どんな世界が展開するんだろうっていう。

    >だから困っているのではなく
    困っていることにしているのだ
    すべて中身はない

    本来は空であるのにわざわざ「苦」という色を選んでいるということだと思うのですが、なんでわざわざネガティヴを選択するのか、いまだに謎ですね。
    自分のマインドは根本的にマゾなのかと時々思いますよ。

    >人間の本質はコラージュだ

    これはビビッと来ました。
    そうなんですよね、日々選択することの内容が変わると自我も変わりますよね。
    聴く音楽、料理の食材、通学通勤の経路、閲覧するブログ、どんな靴をはくか、風呂に入るかシャワーで済ますか…。
    選択の内容が変わると、まったく別の自分が出現しますよね。

    毎日なにか新しいことをする、自分を更新するというアドバイスを実践するうちに、いつの間にか自分の枠がゆるんで、すごく風通しがよくなっている気がします。
    なんだろうこの清々しさはと思う瞬間が増えました。
    このブログにご縁があってありがたく思います。
    これからも素敵な記事を楽しみにしています。

    • 自分 -涅槃- より:

      >>虎さん

      例えばあなたの知っている崇高なもの
      釈迦なりイエスなり
      それらもあなたがいるから存在できるのだよ

      多発する残忍な事件、レイプ、虐待
      そういうものも
      あなたがいるから存在する

      そういうニュースを目にするかね?
      ならば、それはあなたが起こしているということだ
      あなたが起こることを許している
      それは起こるものだ、とあなたがしている

      すべての責任はあなたにある
      それをわきまえなさい

      だがこの真実はあなたを解放に導くだろう
      何度も読み返しなさい

      あなたは私が作った存在だ
      そして私はあなたが作った存在なのだよ

  2. 困ったさん より:

    自分さんRESありがとう。
    龍のほうお返事を書こうとしたのですが
    こちらのほうがピッタリなので・・・。

    昨日読んでたのは薩埵王子のとこかな。
    慈悲からトラに身を投げたと。
    一ヶ月前、映画の有料動画サイトで手塚治虫のブッダは見たんだけど菩薩については宗教に関心強くなかったので知りませんでした。菩薩って仏様と同じようなイメージを持ってたので神様的存在と思ってたのですが昨日の本の後書きには拡大解釈で悟りを目指して修行する人と解説していました。シャーリプトラの事などは短い物語で本文に書かれていましたが最後、難しい言葉で書かれた後書き解説でそこだけ読んで、そうなんだ・・・。と思って寝ましたね。うまい事、菩薩にピックアップしてあげてくださったものです。他のかたがたも昨日の私を実は観てたの?と錯覚してしまうくらいです。だけど本の教えはとてもとても常人には出来そうにない厳しい教えでしたが。八正道の教えや運命を在ると思うなという教えはともかく慈悲からの自己犠牲、あえて狩人に悟りの為に自らの体と牙を差し出した象の話など・・・。道徳的なことは染みとおっても、これは無理!絶対、無理な道!と
    思ってしまったのが本音のところです…。

  3. 困ったさん より:

    ちなみに流石にホテル名は書けないけれど神戸、摩耶山の近くです。
    釈迦の生母である、摩耶夫人マーヤーにちなんだとこだそうです。

    昨日、聖典みるまで何も関心なくてフェリー乗り場に親戚を迎えに行く場所程度しか今の今まで認識すること無い場所だったんですが…。

    ここまでいくとちょっと戸惑うというか気持ち悪いですね(汗苦笑い)

    • 自分 -涅槃- より:

      >>困ったさん

      私たちはエゴの性質がある
      だから、修行なり悟りを開くなりして
      その境地、つまり仏陀に辿りつくと考える

      だがそうではないのだよ

      あなたが仏陀で、あなたが菩薩なのだ
      教師と生徒は同じもの
      それでひとつだ

      目の前の電話機とそれを見ているあなたは
      それでひとつだ
      そこに起こる「成立」があなたなのだよ

      だからね、菩薩という言葉に囚われてはいけない
      世界に青という色しかなければ
      青どころか色という概念が生まれない
      つまり色や青がそこにあるのに
      誰も気が付かないままになる

      だから対立する二元があるのだよ
      解釈のやりかたによっては
      二元性という概念があるゆえに
      世界には青や色が生まれているともいえる

      ではそれを「悟り」に置き換えればどうなるだろう

      仏陀やら宗教があるのは
      その反対側の境地があるからだ
      だから「救い」として悟りを捉えるならば
      現状は「救われていないもの」となる

      たったいまいるその居場所とは
      同時に悟りを含んでいる
      あなたは幸福であり、そして不幸なのだ
      つまり、幸福も不幸もない、となる
      それがゼロである

      何もかも、決して到達をするものではなく
      色という概念を持たないことで
      そこにずっとあった青が見えていなかったこと
      それに気が付くのが悟りと言われるものだ

      だがね、仏陀を「救い」とするのは間違っている
      あなたが不幸になればなるほど
      仏陀が際立ってしまうからだ
      仏陀が際立つと、あなたの不幸が同じように際立ってしまう

      つまり、真の意味での「悟り」とは
      概念で物事を捉えて「青」を見るのではなく
      概念を捨てることにより
      いつもカラフルな色彩があったということ
      それに気が付くということなのだよ

      あなたにとってのその生きている世界
      ただそのままに受け取りなさい
      あなたが向かう先には
      どこにも釈迦に関わる何かがある

  4. komatta より:

    自分さん、ご迷惑かけてすみません。
    良く寝ることにしますから気にせず、癒しの記事楽しみにしてます。

    >>あなたが向かう先には
    どこにも釈迦に関わる何かがある

    ものすごく今、実感してます。

    >>
    だがね、仏陀を「救い」とするのは間違っている
    あなたが不幸になればなるほど
    仏陀が際立ってしまうからだ
    仏陀が際立つと、あなたの不幸が同じように際立ってしまう

    だけど…。これがよくわからないです…。
    痛いのこわい

    • komatta より:

      日常生活の神社参拝で1万落としてたー。貧乏なのにー。
      とかは情けないですが、そこまで落ち込まず乗り切れます。
      仕事もやばいけどブチリの連続だけど、それもまだ穏やか。

      だけど「痛み」だけは無理。今も何回も深呼吸して、今は感じてないだろ。
      なにもないだろ。と確認するけど全身と指先、震えてる。
      今は強い痛みでなく痛みに対する怯えのイメージの痛みだけど体に感じるよう。いつも瞑想かぎらず夢にでてくるのは刺し貫かれたり…。

    • komatta より:

      私の最大の恐怖は生活苦も異性運も仕事運ももちろん恐怖だけど。

      なにより「苦痛」。ニュースで映る被害者も客観視さえ難しい。
      だから猛烈に腹が立ってしまったりもする。
      共感力が強いせいか、まるで自分にも痛みを感じるよう。

      ホラー映画なんかが見れるのは「作り物」だから。
      ドキュメントは見れない。

    • komatta より:

      誰でもいい・・・。
      「苦痛」を超えられた人はいないのですか?
      キリストが受けた行為を自らドンと来いといえるかたは…

    • komatta より:

      ほんまにこれだけは、はぐらかさないでください…・

    • komatta より:

      おカラスさんかは解らないけどカラスとは縁があります。
      いつもタイミングよく鳴きます。甘えた声やカップルのような声はいい。
      たまに近くの電信房で止まり、すごく近くまできて甘えた声で鳴く。
      神社参拝時も沢山いて、必ず迎えのように鳴きます。

      夕方はスズメの声のオンパレードで…。
      もう…だめと思った時に雨の日でも(昨日かな)スズメの一匹の声が。
      カラスは不吉というより神聖と見てるから怖くはないけど、めったにないけど何かに襲われた?みたいな凄い声だす時は心臓とまりそうになります。

    • komatta より:

      https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%85%AB%E5%92%AB%E7%83%8F

      カラスはこの印象が強いと思うのだけど…。
      これ知ってからカラスを知ったというより、やたら最近、カラス増えたな。
      やっぱり山切り開くからみたいな話を家族限らず同僚なんかと話してて。

      素戔嗚尊が祀ってる以外はまだ、なにもしらず家族と熊野古道いったあたり再度、ドライブしたいな。あの温泉いきたいな。なんか仏さんの像おいてあった。温泉たまごを自ら作れるから。そんな「温泉めあて」で再度いきたいから八咫烏を知った。

    • 10のマイナス24乗 より:

      キリストがどうだったか知りませんが例えば歯医者で歯を削られるととても痛い。
      意識を内側に向けることすら難しい。
      そんな痛みが四六時中続いたら耐えられないと思います。
      おそらく悟りを開いてもそれは変わらないと思います。

      ただ一つだけ言えるのは痛みから逃れようとすると痛みが倍加するということです。
      わざわざ火に飛び込むような必要はないと思いますが
      痛みに向かい合わなければいつまでも痛みは追いかけてきます。

  5. komatta より:

    神武天皇のリンク開けばわかるけど…。
    また11だし。
    3と11と9
    このへんはランダムシンクロ越えてる。
    共通性が高すぎる。

    • komatta より:

      このまえwin10の待ち受けで剣か解らないが何か鉄を鍛えてる?
      わけわからない映像が待ち受けにでたといったと思うのですが…。
      その時はもちろん

      >>火起請では手に牛王宝印を広げ、その上から鉄火棒を持った。こうすることで、正しい者は熊野権現から灼熱に護られると信じられた。

      こんなの知らなかった。日本神話も実はろくに知らない。ざらっと軽くは覚えてても詳しい歴史までは。とにかく解ってるのは地元のとこでプレートに書かれた説明あたりまで。戦後、一度焼けて復興したけど老築化が著しかったが地元の支援により復活したと。プレートで戦国時代の武将が先勝を祈ったなど簡潔に何行か程度で説明あって。

      もともとまだギリシア神話のようなほうが綺麗だから、あまり日本の神話には興味関心なくて…。有名な話以外は知らなかったし。温泉いった時も
      もちろん熊野古道の詳細まで知らない。ドライブ、温泉目当てだったし。

      詳しいことは何かの出来事と共に後で知っていく…。

    • komatta より:

      おかしいですよ。本当に。
      進撃の巨人は話題になってるだけでアニメも本も見てないのに。
      紅蓮の弓矢を何故きいたのか、自分でもよくわからない。

      冥闇(やいよみ)に紫(し)を運ぶ、冥府(めいふ)の弓矢
      だってやたら弓や槍やらでてくるし。

      紫って後でわかったけど宇宙戦艦ヤマトでも今、紫の闇時のなかへ~
      って色即さんも知ってた紫って直感のつかさどるチャクラのことでは?

      ttps://www.youtube.com/watch?v=uGvIspfzLU4
      これヤマトの曲だけど…。

      おかしい。だって本当に関心から調べたでなく「知らなかった」んだから。

  6. 色即みっちゃん より:

    瞑想で見る紫のオーロラのことかな…。

    実際に見ているのだよ俺は…。

    如是我聞ではないのだよ…。

    もう1つ語ろうか…。

    俺達は眼球の表面でさえ…。

    眼球の奥より離れた場所から眺めているのだよ…。

    そして、その奥で何かを感じているのだよ…。

    だから、その奥がネガティブなら全てはネガティブになる…。

    ポジティブに変えれば良い…。

    ホラー映画とか、テレビやパソコンの様々な情報から必要以外は離れなさい…。

    俺はホラー映画とか絶対見ない…。
    ホラー映画が怖いのではなく…。
    それが自分の観念に染まるのを知っているから…。

    テレビの心霊番組などもってのほか…。
    自分の波長と合ってしまったら、
    その瞬間に隣にいるよ…。

    • komatta より:

      色即さんがチャクラを見られてるのは信じてます。

      ただ私はあまりこういう能力は欲しくない。
      霊感の強い友人も大変だなあと思っても憧れは無かった。
      そのような職に就く人以外、何のために必要?という疑問は
      消せてません。

      ホラー映画自体は最近では殆ど見ない。SFが多いです。
      心霊番組や心霊は元から好きではないから。

      映像はホラーというよりキリストのパッションのような。
      ジャンヌダルクや。

      ホラー映画が運を悪くすると聞いたことはあるけれど
      ホラー映画でトラウマなったり映像みることはないです。

  7. komatta より:

    心霊というよりは…。

    インデペンデンスデイ・リサージェンスは7/9公開で
    ttp://www.foxmovies-jp.com/idr/

    キングオヴエジプトは9/9
    ttp://gaga.ne.jp/egypt/top/

    どちらも米国での公開日は違うけど日本では
    9のつく日に公開がしやすいのかなぁとか…。

    日によれば怖くて震えて寝られない。全身鳥肌。吐き気伴う痛みやら。
    市ぬのか、殺されてたまるかやら。怖い怖いで。
    本当に、痛みに関することだけは具体的な回避方法を

    • 色即みっちゃん より:

      まず、その痛みの恐怖を感じているのは誰だろう…。

      自分だよね…。

      自分が痛みの恐怖を掴んでいるのだよ…。

      だから、その掴んでいる観念から離れなさい…。

      対処は、それしかないだろう…。

    • komatta より:

      直感的なものは強いけど「霊感」が強いとは
      言われたことはないのです。実際、見たり聞いたりはない。
      耳鳴りと。肩こり。あとは高い波長。これは怖くはない。

      弟が若い時、夜中、稲川淳二さんの話をラジオで聞いてて
      ヤバい?と思ったくらい空気が淀んでピシパシ鳴り始めた
      ことはあったらしいので絶対、懐疑主義ではないけれど。
      弟も金縛り程度で霊感は強くはありません。
      ヤオイさんのUFOバトルと大槻教授バトル以外は心霊に
      興味関心は無い。私も宇宙人ジョーンズくらいで。
      NASAの陰謀とかああいうのは関心なく見ることもなかった
      信じてなかったのですけど。

      ここ3年あたりで急激にだから…。不可思議。

      聖人の末路以外、浮かぶのは「実験体」ですね。

  8. komatta より:

    どうしようなのがホラー映画なら離れられるのだけど…。
    捨身飼虎みたいな映像はもとより観念あまりもってないので…。
    聖人映画もあまり見ないし。仏教やら神道の詳しい話も
    フェイント的に現れて、あとで知る。

    幽霊船や妖怪の類で言われてた不知火も(実際のとこ不知火って何のことかよく知らなかった)バラエティで野菜屋さんでデコポンだけに漢字がついてたので母に尋ねても地名だろと言われ不知火なんて地名あったかな?で調べて知っただけです。
    とにかく極力、余計な情報は見ないようには心がけます。
    ありがとうございました。

    • komatta より:

      http://au-hakuto.jp/?cid=gs11z_00685
      あとAUの「HAKUTO」など、こういうのはNHKの物理番組なんか見てて
      広告で入るせいか発見しやすいし出現率高いです。

    • komatta より:

      それと完全にスピリチュアル、霊性、仏性100%なら解るけど…。
      物理と仏教は親和性高いとはいえ、ここ割と物理知識お持ちな方、
      多いですよね…。元、理系のかたとか。
      たまに不可思議。ブラックホールなんて今迄、興味関心、一切なしだし
      しるよしもなかったよと。恒星、シリウスも。

      3年前ほどかな。私の名前と偶然、同じな人が個人ブログ書いてて
      なんか銀河連盟やらシリウスからチャネリングとかみて「きっも~~~!」と思いながら、そっ閉じ。印象は丁寧でまともな人だったんだけどそういうトンデモ系に強いアレルギー当時は感じてて。

      ただ水やら食べ物やらは自然なもの、ナッツ類など食べたほうがいいというようなことは納得だなあ…と思いましたが。
      正直、最初は「こんな話題、思想だけには、ぜえったい!巻き込まれたくない!」と思ってました。

      ただ航空宇宙扱うような職場は、ペーペーでも大昔、いったことあったので。

    • komatta より:

      あまりの不可思議と恐怖に脳内だけで「波動砲」が欲しい今日この頃。

    • komatta より:

      大和魂とシリウスは共通点あるんですかね・・・。
      ガチガチに指先から震えてますけど。

  9. komatta より:

    だって…。この痛みの記憶は私の人生の記憶じゃないですよ…。
    おそらく。自分のしんどさは、気管支炎で死にかけた辛さ、この前切った指の怪我と(切り傷は割とおさまった)ちょっと気になってるのは鍋での火傷。あれは痛かった。

    だけど撃墜!大破!とかこんなん私の記憶じゃないもの。
    ミリオタでもないから、もしかしたら爺ちゃん?

  10. 色即みっちゃん より:

    確信がとれないから黙っていた…。

    たぶん自分の苦しみを伝えたかったのだろう…。

    お線香あげなさい…。

    • komatta より:

      えーー。結構、まじめに家族含めて先祖供養はしてるんですけどね…。
      母方の田舎は戦争についていわくつき結構、多いから親戚一同も宗教は嫌いだけど先祖供養はマメ。

      私も個人的に本人は中2程度なんだけど、なんでか意図したわけでなくとも
      遠巻きに絡んでくるから…。とにかく武士とか、御先祖に戦う系が多かったようです。

    • komatta より:

      ほぼ毎日、寺のほうは先祖供養いってるんですよ。
      なんか強烈そうだから仏さまは成仏だけど神様しか浄化できないということで神様に仏さま仲介で神様のお力で御先祖を成仏させてあげてくださいと。

      爺ちゃん、情報方面の仕事だったって程度しか聞いてないけど。
      本当にほかしらん。そういう話は皆、したがらないし普通きかないし。
      それでかあ?とか色々、妄想はしてたんですけど…。

    • 色即みっちゃん より:

      人は想念の存在だよ…。

      肉体が無くなっても、その想念が苦しみならば
      苦しみのままだ…。

      死の自覚が無いならば、あても無くさ迷う…。

      自らの死を認めて、尚且つ、その痛みや苦しみは
      既に無いものと自覚しなければならない…。

      何故に自分と繋がったか…。

      それは自分が同じものを持っているからだよ…。

  11. komatta より:

    そんなん言われたって…。
    こっちから攻撃ならともかく、降りかかってくる障害とかは
    立ち向かえ!って気で行かないと鬱になるだけだし…。

    • komatta より:

      だから攻撃タイプでなくて守りガチガチ、
      防衛ガチガチでしょ。

      で、ミリオタでないけど情報処理とかの勉強とかで
      よく用語でてきてクラウゼヴィッツだったかな。
      戦争をちゃんと知らないと平和も知れないとか。

      けど関心ないし金融や物流でそういう用語多いなあ程度で。
      先祖供養はとにかくマメにしてるし…。

  12. komatta より:

    もうほんま無理ですよ。今だって物凄い全身、鳥肌。
    歯だってガチガチなってる。夏なのに震えてるから。

    • komatta より:

      で、持病の分の自分のしんどさは体感として感じるし、これは医者でないと根性論でどうしようもないし…。
      痛い手術とかも結構したけど、今更なんでそんな思い出してまで。
      トラウマほりかえしてショック死選ぶか、忘れたままのほうがの究極の選択みたいなもんですやん。

    • komatta より:

      こっちゃ普通に3次元で体もって生きてるし。

      もし先祖が苦しみ抱えててもたぶんなんか勝ちたいとかでなく「無念」だから恨み残してるんだろうし本人らが語ってくるわけで無し。
      私は障害やらそういう情報をなぜかこっちが聞いても無いのに資格試験の教科書なんかで知ったり他人が大きなお世話で教えてくれたりで。
      「霊感」はもってないですからね。

    • komatta より:

      いつも神社で自己利益望まず
      豊葦原の瑞穂の国に光満ち溢れさせたえって願って
      平穏無事祈ってるのに、そんな無茶やら理不尽いわれる覚えがない。

  13. komatta より:

    ですから何故、それなら最初からブラックホールやらほのめかすようなことを言われるのです?と。

    調べてるわけではないからおかしいと言ってるのだし、
    実行ってアドバイスというよりいつも、このまま突き抜けらるとこまでいかれるとか。アドバイス通りはしてきました。何度も死にかけそうにはなりましたが。

    解らないですから他人がいるかいないのか。必要な時にくる必要な情報は
    いつも他人がいない。少しでも何かはじめるのに5感覚が邪魔してるからです。

    • komatta より:

      今迄の自分さんの記事読まれてたら解るでしょうが
      「種」やら第3の目は全て今に関連づいてますよね。

    • komatta より:

      あなたにアドバイスしてくるのは実は4%も答えていただいてないまま。
      あなたは何度もカラスが鳴く光景を見てきたも。
      エジプトから何度も歴史を眺める光景も見てきたも。

    • komatta より:

      自分さんお仰ることをそのままとるのならネガティブがあるのは
      「あなたの世界だからあなたに責任がある」
      私しだいで終末かってことでしょう。

    • komatta より:

      さんざんだから「単なるお話し」としてなら疑問もないし私もそのほうが楽なのですが…とお伝えしてきたと思います。

  14. komatta より:

    覚醒時もいいましたからね。もし目覚めたら世界に「責任が発生する」
    だから嫌なのですと。

    • komatta より:

      もう阿頼耶識の仕組みとかも散々教えてもらってて。
      自我ではなんとか出来ないけど。

      なんども尋ねましたよね。個人なら解るけどなぜいつも大袈裟に「人類」
      なのですか?と。

      そして自分さんが何度も「やらねばならないのだよ…」
      何故、そんなことやらねばならないか私には解らなかった。
      最初は、なにいっての?この人で。
      過去記事、読まれてたら解ると思います。

  15. komatta より:

    私個人としてはそれぞれ他人がいて、全部、妄想のほうが楽なんですけど?

    • komatta より:

      気持ちが落ち着くのは、きちんと質問に答えていただいて。
      私には世界情勢の責任は一切ない。他人はそれぞれいる。

      いままで何千年も積み上げてきた潜在意識の戦争と平和の浄化の必要も無い。生活の中で、楽にいきていくだけの認識論で、あまり深く考える必要ないよ。

      気にし過ぎだよ。修行なんていらないよって誰かいってくれますか。

    • komatta より:

      いや、本当、それいってくれたらバトンタッチしてもう黙れるから。

    • komatta より:

      私も荒らしは嫌だし、他人がそれぞれいるならそれでお気楽に普通の生活しときゃいいし、ぐっすり寝れるし。

      あとはもう皆さんで悟り目指されたらいい話だし。
      世界情勢と関連づいてんなら、そっちのほうがかえっていいんでないの?
      とかも思うんだけど…。こんな責任大。ずーーーーとネオ役は「ごめん」
      「嫌だ」「勘弁して」で悟りたいって言ってませんからね。

      責任だけ押し付けては勘弁ですよ。

    • komatta より:

      それいってくれなかったら「世界を背負うことになるから」
      質問せめになりますけど???

  16. komatta より:

    そんなもん私の自我が「平和にな~れ!」と言えばパッと変わるわけで無し。ここでは連動激しいけどアナログ生活はそれぞれ他人はいるようにしか見えないし。その時、必要な情報は直感しかえられないけど。

    近くにいる人への情は消せないし危害加えられるとなると身構えて要塞化するは自然な行為で。
    なんでそんなもん背負わされるのか。潜在意識からの争いの歴史と次元のフタの話さえなければ普通に趣味愉しんで普通に好きな事やって。

    そっちさせないじゃん。

    • komatta より:

      私と世界が連動してないをちゃんと伝えてくれなければ理不尽感消えなくて
      そんな一日、2日でなんとか落ち着くものじゃないですけど。

      こちとら体わるくしてまでだったのに。

    • komatta より:

      私は安楽死さえさせてくれたら地球と一緒に運命ともにするし。
      そんな人にばかし責任おしつける人なんてしらないし。

  17. komatta より:

    誰も何もいわないのなら私次第で世界が滅ぶか、生き残るかは、やっぱりそうなのですか?遠慮せず妄想ならそれでいいんですけど。

    気になるのは自分さんの過去記事で「やつらがやってくる」
    やつらって?

    あくまで妄想の範囲でSF映画のまんまいくなら滅ぼされるくらいなら戦うだろうと思いますが。

    • komatta より:

      単なる妄想、空想ですよ、気にしないでって誰かが言ってくれたら一発で楽になるんだけど。そんな大がかりで私に荒らしになってほしいのかなと。

      そんなもん普通、世界背負うなんて無理でしょ。
      リアルはありふれた日常だし。気づかんかったら不満はいっても、まさかなぁ?まさかなぁ?と思わずになんとか普段とおりの日常で。
      先祖供養だけちゃんとやってればで。気づかす必要ある???

    • 色即みっちゃん より:

      生きている者の生き方が…。
      既に亡くなっている者を迷わすこともある…。

      俺の体験からだよ…。

      余り話したくなかったが…。
      亡くなった恋人と三回会話したことがある…。

      俺の姉の体を借りて、俺のセフレの体を借りて、
      俺と30年の付き合いがある知人の女性の体を借りて…。

      俺の姉の体を借りた時は、俺の母と弟と、
      俺の子供と姉の旦那が一緒で突然だった…。

      彼女は何回も俺の家族に謝っていた…。
      俺の家族も最初は驚いたが彼女を受け入れて、
      彼女のが話す、俺に対する気持ちを聴いて、
      全員で涙を流したよ…。

      何が彼女を、そうさせたか…。
      俺が彼女を呼んでいたからだよ…。

      生きている者は亡くなった者に、
      心配をかける生き方をしてはならない…。

      それが本当の供養だよ…。

      残りの二回は彼女が事前に体を借りる
      女性に了承を得ている…。笑

      本当の話だよ…。

  18. komatta より:

    世界情勢と連動だけ切り離していただければ
    一瞬、全体的にいられてもやはり体は普通に3次元にあり
    そちら側で生活することになるので。常に瞑想状態のような
    景色が綺麗はおそらく職業変えないと難しいです。

    分離意識に戻って通常通り接した時、世界=自分に気づいてると
    非常にしんどい。ネガティブも恩寵とまるごと受け入れは難しい。
    自然災害などに感じなくていい責任感まで背負う羽目になる。

    • -自分- 涅槃 より:

      komattaさん

      コメント欄に連ねるのではなく、メールをしてきなさい。少し混んでいるが、いくらでも答えてあげるよ。

  19. komatta より:

    もう自然だけ残して人類滅亡させたらいいのにとさえ思ってますよ。

  20. 匿名 より:

    ここは課金したユーザーが涅槃さんに質問なりをする場所のはずですよね?

  21. 匿名 より:

    独り言なら他所でされたほうがよいのでは?

コメント・質疑応答

  関連記事