錬金術の素材

ある不良少年が
誰からも認められる地位へのし上がった

昭和の時代はわりとそういうのが多くてね

つまり彼は
長らく自分をどう表現していいか
わからなかった

ただエネルギーだけがあった

そのエネルギーをカタチにするには
自分の周りにいる友達と共通するものを
鏡に映して見るしかなかった

それでも彼の日々は少しずつ変化した

恋人ができて
真面目に働いたりして
あくせくやった

全文をお読みいただくにはご入会後にログインしてください。数千本の記事を自由にご覧いただけます。→ . またご入会や入会の詳しい内容はこちらから確認できます→ ご入会はこちらから


Notes , , , , , , , ,

コメント・質疑応答

  関連記事

実りある道は意外なところに開く
世界はいくらでも組み直すことができる
自信の”基盤”をみつける
心のサングラスを外すとみえるもの
奇跡のなかで”奇跡”は起こらない
本書を読むときに注意すべきこと
自分を殺さず生きるということ
人生というドラマ
-->