どうやって苦しみを手放すか

「うっかり忘れ」がたまにあるね

だがこれはひとつの能力であり
うまく使うことで
定着している苦しい現実を変えることができる

いつも話しているように
あなたが体験しているこの現実は
あなたの心のなかがそのまま現れている

人の姿や日々起きてくる物事
それらはあなたの心にあるものが
姿や形、そして因果関係を持って
そこに現れたものだ

特に重要なのは因果関係であり
その関係性によって
あなたの世界の他者が
どのような役柄であるかが決まる

これを釈迦は因縁生起といった

つまりあなたの心の構造そのものが
いまある現実のシナリオそのものであり
先の運命をすでに描いているんだ

 

“現実の構造”をリセットする

ゆえに心が苦い思いを握ったままだと
ひとつ過ぎ去っても
ずっと似たような苦しみが出現し続ける

だから”シナリオ”を変更しなければならない

そこで「心を解放して手放しなさい」と
よくいわれるけども
それはつまり「忘れる」ということにある

「忘れる」という作用は実に奥深いもので
いまも”膨大な記憶”を
あなたが忘れてしまっているように
忘れるとはもうそれは存在しないことを意味する

真に忘れていることは思い出すこともできない
忘れていることさえ忘れているからだ

言いかえれば「忘れる」とは
この現実を形成している信念構造(因果法則)を
リセットすることにある

たとえばバットとグローブがそこにあるのは
「野球」という信念構造のなかで
それらをみているからにある

しかし野球という構造が解放されるとき
同じそこにあるのは単なる棒と手袋になる
それは無限の可能性の状態であり
たとえば布団たたきになったりもする

もちろん布団たたきになっている時点で
すでに”違う構造”で
この世が眺められているということだ

この原理を日頃関わっている人々や物事に
置き換えてみよう

 

“忘れていること”はいまも膨大にある

ところが最大の困難が現れる

それは忘れようにも
なかなか忘れることができないからだ

なぜならその何かを忘れるためには
“忘れようとするもの”として
そこに存在していなければならないからね

これはパラドクスであり
いつも話しているように
その対応関係とはまったく別の地点
飛び出して眺め直さなければ
この難問を解消することはできない

ではどうすればいいのか?
それこそが「うっかり忘れ」にある

たとえば家族に頼まれていた用事があるとしよう

「スーパーに行ったついでに
ミルクを買ってきて」みたいな具合だね

ところが自分の買い物だけを済ませて
ミルクを買うのを忘れていた
このときあなたは
ミルクを忘れていることさえ忘れている

もちろん家に戻って家族に指摘されて
「あ、しまった」となるわけだが
こうして指摘される出来事がないかぎり
また家族から頼まれていたことを
なんらかのきっかけで思い出さないかぎり

ミルクを買うという用件は
あなたの人生において
一度も存在していなかったことになる

話したようにあなたは膨大な数の記憶を
忘れながらいまここにいる

なにを忘れているのかも思い出せない

もしそれが思い出せたなら
それはあなたが前世の記憶
蘇らせたということだ

だが今回の手記は
そこまで深く入らないようにしよう

 

忘れるときのよくある例

ではうっかり忘れるときのプロセスを
考えてみようか

実は「忘れる」のは
とてもシンプルな原理にある

このミルクの例なら
スーパーでの買い物という
慣れ親しんだ流れのなか
いつもと違う要素として入り込んだからにある

いつもは自分の必要なものだけを選んでいた
「ケーキを焼きたいからあれとあれが必要だ」
みたいな思考の流れが頭にある

スーパーの陳列の場所も覚えていて
カゴに入れていく商品の順番も
大体は無意識のうちに事前想定されている

ところがミルクを買うというのは
無意識のシナリオに組み込まれていない

だからメモ書きなり
忘れず心で連呼し続けるなり

また別のことで
家族の顔を思い出していたりなど
思い出すきっかけを必要とするわけだ

 

苦しい思いを手放すには

さてこの
「用事を頼まれたけども忘れてしまった」
というケースは

いつもの流れのなかに
“それが組み込まれていない”がゆえに
忘れているというパターンだが

苦い思いを手放すのは
これを真逆にひっくり返すことで可能となる

全文をお読みいただくにはご入会後にログインしてください。数千本の記事を自由にご覧いただけます。→ . またご入会や入会の詳しい内容はこちらから確認できます→ ご入会はこちらから


Notes , , , , , ,

コメント・質疑応答

必ずお読みください
・会員記事のコメントはログインしないと表示されません。
・会員の方はユーザー名が入ってしまうので別名を希望の方はこちらで申請してください。
・連続投稿する時は自分の最初のコメントに返信してください。
・記事に無関係な投稿は禁止です。良識範囲でお願いします。
・対応の状況によりすべてのコメントに作者が返信できるものではありません。
規定の文字数に満たない短文、英文のみは表示できません。また半角記号(スペースやクエスチョンマークなどの感嘆符)は文字化けなどのエラーになりますので使用しないでください。使われる場合は全角文字でご使用ください。
・他の利用者を勧誘する行為、扇動するコメントは禁止です。その意図がなくても事務局でそのように判断された場合はその箇所を修正削除させて頂く場合があります。予めご了承ください。
・同一者の投稿は1日1〜2件程度(例外を除く)に制限させていただいております。連投分は削除させていただきます(コメント欄が同一者で埋まり独占的な利用になってしまうのを防止するため)
・個人情報保護法により個人情報や会員情報に関する箇所が含まれている場合は該当箇所を削除させていただきます。
・投稿内容に敏感な方も多くいらっしゃいますので、他の利用者様へ影響を与えそうな文面はお控えください。
・スパム広告対策にセキュリティを設定しております。投稿後に承認待ちと表示される場合がありますがしばらくすると表示されます。また短時間の連続投稿はスパム投稿とみなされるため承認されません。時間をおいてください。

  1. shiy より:
    全文をお読みいただくにはご入会後にログインしてください。数千本の記事を自由にご覧いただけます→
    • 涅槃の書-自分 より:
      全文をお読みいただくにはご入会後にログインしてください。数千本の記事を自由にご覧いただけます→
    • shiy より:
      全文をお読みいただくにはご入会後にログインしてください。数千本の記事を自由にご覧いただけます→
  2. luca より:
    全文をお読みいただくにはご入会後にログインしてください。数千本の記事を自由にご覧いただけます→

コメント・質疑応答

  関連記事

-->