作家は己のペンが描き出す世界にいつも驚いている

陰口を言われてるのを知ったり
恋人や家族に不信感が沸いていたり
店をやってるなら
急に客足が途絶えてしまったり

そうした突然のトラブルに見舞われて
その苦難を乗り越えようするときや
また逆に新しい道を開こうとか
チャンスを掴もうとするとき

誰もが目の前に起きてる出来事の
原因を究明しそれを分析して
いかに”正解”を見つけるかに努力する

「こんなときはこうすべきだ」みたいなね

だから頭脳明晰に的確に処理できる能力を
いつも求めているのであって
うまくいかなかったら
それは自分の実力不足だったんだと捉える

それゆえに人生の失敗は
自分の責任または他人の責任であり
常に惨めさや恨みの感情に
心が襲われていることになる

ところがそれは大いに間違えているんだ

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。→ . ご入会や入会の詳しい内容はこちらから確認できます→ 会員について


Notes , , , , , , , , ,

コメント・質疑応答

  関連記事