理想の人間関係を築くには

会社でも店の人でも
どうも他人から
低く見られている気がする

あなたは良好な関係のために
ちゃんと相手に配慮して発言してるのに
なんだか非礼な人ばかりで嫌になってくる

そんなときは
相手を恨むのではなく
自分自身をよく見つめてみよう

まず基本的なことだが
相手に否定的な感情が浮かぶのは
あなたが素直に生きていないからなんだ

「でも良好な関係を築こうと心を開いてる」
というだろう

だがそれはまったく開かれていない

たとえば禅の始祖である菩提達磨は
壁を前にして坐禅を続けていた

己が壁をみているのか
それとも壁が己をみているのか
だんだん曖昧になってくる

だがそれはむしろ
どちらでも構わない
という境地に至ることになる

己が壁を見ている
壁が己を見ている

そのとき「合一」が露わになる
つまり自他の分離は消えるんだ

あなたもいま周囲を眺めてみようか
「境地なるもの」に瞬時に触れられるはずだ

 

弁証法の先にあるもの

同様に18世紀の哲学者ヘーゲルは
弁証法を哲学的に定式化した

一般に弁証法というのは
対立するものがお互いの矛盾を解消して
ひとつ上の次元に上昇することだとされる

だがよく誤解されるように
それは「合理的な答え」を見出すことではない

たとえばAとBを足せば
新しいCが生まれるみたいなね

それは単なる演繹にすぎない

つまりヘーゲルは弁証法によって
精神の最高段階「絶対知」に至るとしたが
コーヒーにミルクを入れてカフェオレになるとか
そんな「手のひらの上」のことを
言ってるのではないんだ

そうではなく彼が示したのは

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。→ . ご入会や入会の詳しい内容はこちらから確認できます→ 会員について


Notes , , , , , ,

コメント・質疑応答

必ずお読みください
・会員記事のコメントはログインしないと表示されません。
・会員の方はユーザー名が入ってしまうので別名を希望の方はこちらで申請してください。
・連続投稿する時は自分の最初のコメントに返信してください。
・記事に無関係な投稿は禁止です。良識範囲でお願いします。
・規定の文字数に満たない短文、英文のみは表示できません。
・他の利用者を勧誘する行為、扇動するコメントは禁止です。その意図がなくても事務局でそのように判断された場合はその箇所を修正削除させて頂く場合があります。予めご了承ください。
・個人情報保護法により個人情報や会員情報に関する箇所が含まれている場合は該当箇所を削除させていただきます。
・投稿内容に敏感な方も多くいらっしゃいますので、他の利用者様へ影響を与えそうな文面はお控えください。
・スパム広告対策にセキュリティを設定しております。投稿後に承認待ちと表示される場合がありますがしばらくすると表示されます。

  1. ダテキヨ より:
    このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。
    • 涅槃の書-自分 より:
      このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。

コメント・質疑応答

  関連記事