自宅を癒しの空間にする

ストレス発散のために外に何かを見つけに行くのではなく、毎日家に帰ることが楽しみになるように、つまり家に帰れば「モヤモヤした自分」が解放されるような、そんな住まいに変えてみよう。

“家”とは本来そういう場所であるべきなんだ。

居心地の正体

たとえばどこかのお店に入って「ああ、ここは居心地いいな」と感じたことがあるだろう。

お洒落なカフェや落ち着いた雰囲気の雑貨店、またファミレスでも「あの店は他の系列店と違ってまったりした気分になれる」などあるかもしれない。

そもそも居心地のよさを感じるというのは、そこにいるだけで心が解放されるということにある。

抱えている問題や悩み、やらなければならないこと、不安、焦り、そういったものが「まあいっか」と大きな心で取り直せたり「できるときにやろう」と余裕ある前向きな気持ちになれたりする。それが「居心地がよい」の正体にある。

つまり心が癒されるというのは囚われから解放されることにあるわけで、しかしそれはそういった場所に出向かなくても、あなたの家でも実現可能なんだ。

自宅を癒しの空間にする

どんな要素があなたの心を解放してくれるだろう?リストアップしてみようか。どこかのお店に入って「居心地いいな」と感じたらチェックしてみるといい。

コーヒーやパンの香り。間接照明。洗いたてのシーツ。キャンドルの炎やパチパチと燃える音。程よい量の食事。夜のハーブティや読書。ゆったりした音楽に包まれるのも好きかもしれない。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。→ . ご入会や入会の詳しい内容はこちらから確認できます→ 会員について


Notes , , , , , ,

コメント・質疑応答

  関連記事

-->