誰かの死と私の死

たしかにそこに人がいた
生活をしていた

仕事をしていた

電話をかけたり
ひとりで調べ物をしていた

だが忽然と姿を消した

 

いつか私も消える

たしかにこの部屋に私はいた
ポストイットのメモ書きや
動かしたばかりの窓際の花瓶など

そんな”痕跡”だけを残して
私だけがいない

 

だけどもどうして
私のいない世界があると
私はわかるのだろう?

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。→ . 会員登録はお済みですか? 会員について


Notes , , , , ,

コメント・質疑応答

  関連記事