幸せは手に入らないが不幸は捨てることができる

釈迦の素晴らしい言葉がある

─ 幸せというものはない
不幸だけがある

苦が取り除かれたときの様子が
あなたの感じている幸福感だ ─

だから
「どうすれば幸せになれるか」
と探すのではなく

「不幸であるかそうでないか」を
選択するだけなのだよ

これはとても大事なポイントだ

なぜなら幸せを求めて
過酷な賭けに出るまでもなく
いまそこで
「どう在ろうとするか」を選ぶだけで
解放されるからだ

 

 

この記事を保存・共有できます。

Notes , , , , , , , ,

コメント・質疑応答

会員記事のコメントは記事上ではログインしないと表示されません。
会員の方はユーザー名が入ってしまうので別名を希望の方はこちらで申請してください。
連続投稿する場合は「自分の最初のコメントに返信」してください。
記事に無関係なコメントは禁止です。良識の範囲内でご利用ください。
業者からのスパム広告を防止するシステムを採用しています。短期間内に連続投稿をするとシステムにスパム登録されてしまい一切の投稿ができなくなりますのでご注意ください。

  1. ワモノ より:

    >釈迦の素晴らしい言葉がある

    >─ 幸せというものはない
    >不幸だけがある

    正直、この言葉はあまり好きではありませんでした

    幸せというものはない?なら幸せそうにしてるやつらはなんなんだ!なんで俺だけが不幸なんだ!

    と、以前この手記を読ませて頂いたときはイライラしました

    今日少し良いことがあって解りました
    私達は現実に不幸を見い出し積み重ね、持ち続けている
    良い出来事が起こって感じる幸せはその瞬間不幸を忘れたから、不幸を手放したから感じたもの
    決して出来事そのものが幸せではないということ
    「追い求めるものではなく、不幸を捨てたときにそこにあるもの」ですね

    自分さんがよく仰っていることが少し実感できました

    • -自分- 涅槃 より:

      ワモノさん

      よろしい。少し話をしようか。

      幸せという画用紙に、不幸という絵を描いていく。生まれたばかりのあなたは、世界に無限の可能性を見る。自分や家族、お金、車、将来、etc… どんどん描いていく。

      そうしてどんどん紙(神)は埋められていく。やがてあなたは神を見失う。誰もが絵で埋められた画用紙の状態にある。そうして本書にやってくる。

      私は描いたものを消せと伝える。だがあなたは物理的に消そうとするから、消したところにまた何かを描いてしまう。空白が落ち着かないからだ。意識は真空を嫌うからね。

      あなたは描こうとするときに束の間の幸福を垣間見る。なぜなら絵は”空いたスペース”に描くからだ。ほんの刹那、幸せにタッチする。だが描いたらもう終わり。あなたは絵を描いたから幸福があったんだと勘違いをする。

      本来の存在性とは幸福そのものなのだ。電柱も木々もアスファルトも「それらが存在できている背景」を感じ取ってごらん。すると画用紙が見えてくる。それが「消す」だよ。

      電柱も木々もアスファルトも、みんな喜び合っていることがわかるようになる。

  2. Aslan より:

    確かに、彼女をゲット出来るかどうかは不確かだが、苦を感じないで過ごすことだけは確実に出来ますね。
    思考スイッチを切れば良いだけだからね。

    • -自分- 涅槃 より:

      Aslanさん

      あなたが思考スイッチを切れば、全世界の女性はあなたと共にいることがわかる。

      完全にシャットダウンしてみなさい。地球全体があなたの家となる。

コメント・質疑応答

  関連記事