目の前の事をそのままやりなさい

平安に辿り着きたい人がいる
簡単なことだ
考えることをやめればいい
あるがままに流れていけばいいのだ

何か起こるたびに
わざわざ「自分の主張」という領域を作り
出来事に対して抵抗を続けている
そんなことを続けているから苦しいのだ

「私は親の介護で辛いです。
自分にも仕事があります。
寝る間もありません。」

だからどうしたというのだろう?

介護が目の前にきたらすればいい
仕事が目の前にきたらすればいい
眠れるときに眠ればいい

なぜそれらの出来事を辛いとするのか
エゴを崇拝するのはやめなさい
世界の出来事があなたなのだ

そうでなければ
あなたは一体誰だというのかね?

 

この記事を保存・共有できます。

Notes , ,

コメント・質疑応答

  関連記事