人生が好転するとき

多くの人が気付いていないが
人生が好転するときは
ある法則がある

とても簡単なことだから
覚えておきなさい

過去を振り返ってごらん
本当の意味で好転したとき
あなたは「あること」をしなかった
そして「あること」をした

あることをして
あることをしなかった

さあなんだ?

よく思い出してみなさい
あなたの人生が好転したときのこと
間違えてはならないよ
「好転」したときのことだ

そのときあなたは
努力を捨てて
諦めたのだよ

だからといって
何もしなかったわけじゃない
行為はしていた
だがそこに「重さ」がなかった

重さがなくなるとき
あなたの夢は叶う
それは当初目論んでいたものとは
違うかもしれない

だが本質は叶う
それだけは間違いない
誰もがそうであるからね

人生を好転させたければ
まず諦めなさい

諦めた上で行為しなさい
すると「本質」が実現する

幸せになりたくて
金持ちを目指していたならば
金持ちになることを諦めなさい
すると全く別の方向から
あなたを幸せにする箱舟がやってくる

思いを捨てること
それは世界への”委ね”を意味する
その素晴らしいパワーを実感しなさい
重さを捨てなさい

あなたの人生に制限をかけているのは
あなた自身なのだよ

 

この記事を保存・共有できます。

Notes , , , , , ,

コメント・質疑応答

会員記事のコメントは記事上ではログインしないと表示されません。
会員の方はユーザー名が入ってしまうので別名を希望の方はこちらで申請してください。
連続投稿する場合は「自分の最初のコメントに返信」してください。
記事に無関係なコメントは禁止です。良識の範囲内でご利用ください。
業者からのスパム広告を防止するシステムを採用しています。短期間内に連続投稿をするとシステムにスパム登録されてしまい一切の投稿ができなくなりますのでご注意ください。

  1. ONEPOINT より:

    最近好転したと感じたのは「苦は自分自身で生み出していた」ことに気づいた時ですね。
    努力を捨てて諦めたのとは違うのかもしれませんが、これもひとつの委ねだったのかもしれません。

    • 自分 -涅槃- より:

      >>ONEPOINT
      そう苦は自らが生み出している
      同時に「幸」も自らが生み出す

      だが自らが生み出している以上
      それは「思い込んだ幸せ」となる

      つまり”生み出す”という行為を
      やめる必要がある

      やめることをやるのだよ

      それがタオの境地、無為にして為する、だね

      あなたが「苦」の原因に気が付いたとき
      そこに客観性が起こっている
      その眺めている状態を忘れないようにしなさい

      やがて苦だけではなく
      すべての物事にも同じような視点となる

  2. より:

    質問させていただきます。
    自分の観ている世界が完全にオリジナルだと思う事で、自分さんのいう「それ」マハルシのいう「真我」が理解できるようになりました。
    なかば強制的に観させられているこの映像のなかには完全に自分はいないのです… エゴがわいて思考に流されても「水のなかのバケツ」という自分さんの言葉で「それ」に帰る事ができます。いうなれば自分の意思などおかまいなしに人生は流れていく…。この理解 正しいのでしょうか?

    • 自分 -涅槃- より:

      >>Mさん

      少しタイミングがずれてしまったが
      今日の手記にあなたが知り得たいことを書いた

      水の中では濡れていないが
      一瞬でも水面を飛び出せば
      濡れていたという事実を悟るのだよ

      あなたのその世界は
      あなたの中にある

      個人的な「あなた」こそ呪縛なのだ
      だがその「あなた」とは反応でしかない

      本書に訪れる人々の多くは
      まだ利己性を落としきれない
      無利己を「求めて」いる

      利己的であっても構わないのだよ
      それがただそこに起こったものなのだからね

      理解はあなたが到達するところだ
      私と本書はあなたの中で生まれた
      それを忘れないようにしなさい

  3. Uq より:

    こんにちは。

    努力をしないということで、最近少し気楽な生活になってきました。

    結果が良くなるとそれをまたなくすんじゃないかと不安になり、そしてその通り毎回振り出しに戻ってしまい、そこでいつも止まります。

    ここ数ヶ月の間、苦しみのループのような中にいました。
    期待して行動し、結果が悪く
    猛烈に腹が立ったり、自分のことをひたすら傷つけたりしました。
    これまではこんなこと一度もなかったのに今回は何度もしました。

    それで、もうどうでもいい、と開き直る度に周りの人に毎回助けられ、またぼんやりした毎日にすぐ戻ってきました。
    毎回理性が吹っ飛んだような状態だったはずなのに、なぜかすぐ戻されてきました。

    気楽にやるとうまくいく
    うまくいくと期待や、なくなる不安が現れてくる。

    どうしたらいいのでしょうか。
    ただ、やるだけですか。
    早く行動したくてウズウズしてるんですが、それを止めるモヤモヤがありスタートがきれないのでコメントさせて頂きました。

    今してることもコメントの内容も
    年齢以上に精神的にも幼いと思うんですが、何か助言して頂けないでしょうか。

    • 自分 -涅槃- より:

      Uqさん

      はじめまして

      早速だが、ギターを弾いたことがあるかね
      6本の弦を音叉などで調律するのだが
      波長が重なるように合わせていく
      あなたの求める答えは
      それと同じだよ

      あなたが世界に同調するとき
      すべてがうまくいく
      それが思考とは正反対のことだとしても
      うまくいく

      では「うまくいく」とはなんだろう?
      それが流れだ

      あなたは自身の生き方を進めてきた
      あなたの興味や価値観、正義
      そうしたものを掲げ
      方向性を決めてきた

      だが潮流は違う

      あなたの意思など無関係に
      好きなように流れていく

      あなたはそれに飲まれていく
      結果、それが
      いまそこで生き延びているあなたの今日だ

      あなたにとっての正しさとは
      エゴの都合の良さでしかない

      あなたが持つべき目標とは
      何も目標としないことだ

      それですべての扉は開かれる

    • Uq より:

      理由もわからず向かおうとしていた方向みたいなものがなくなりました。

      自分の中のお金の欲などを考えたら、
      使い道があまり思いつかない、
      いろんなものを手に入れなくちゃと思っていたはずなんですが、急になくなりました。

      ここ数年、なんでそれを手に入れようとしていたのかわけがわからないです。

      そういえば、今やってることを始めた当初は時間も忘れて夢中でいて結果も想像より良かったんですが、
      それで結果やお金にばかり目がいき、
      思い通りにならないことや焦りでひたすら腹を立てていました。

      何かやりたいからやってる、というところでもう完結してるような気がします。
      子供だったころに公園で遊んでいたような感覚のようでした。
      そのときだけ時間がなくなっているような。

      目標を持たない、世間の人とは逆なような。何かしら理想でも妥協点でも持ってますよね。でも、
      幼い頃は何も目指していなかったからか、すんなり受け入れられました。

      ありがとうございました。

      気持ちだけで、何か自由人になったような感じですね。

      また来ます。では失礼します。

    • 自分 -涅槃- より:

      Uqさん

      あなたが自分自身を生きるとき
      何の目的も、何の意味も
      何もかも必要なものはなくなる

      そこではじめればいい

      自分自身を動き出しなさい

コメント・質疑応答

  関連記事

他者を愛することができない
思考がみてる夢
この世という夢
いまをよく生きること
毎日自分にプレゼントをする
世界は巨大な鏡である
冷たい世間をホットに泳ぐ
時間という幻想を見破る