お酒をやめるメソッド

飲酒の習慣が抜けないという相談が重なっているので手記にしておくよ。

よく「お酒をやめたら〇〇が改善します」ということが提案されるけども、飲酒の快楽や”有用性”の方がそれを上回るならば、なにを持ってこられても魅力的なアプローチには映らないだろう。

だがここに盲点があって、どうして「魅力的であるかどうか」という思考回路が自然に働いてしまうのかに気づくことが肝心なのだ。つまり「メリットがあるかないか」「得か損か」という駆け引きの土俵の上にいる限りは、一時的に酒から離れたとしても常に磁力に引きつけられていることになる。

だから飲酒の習慣をやめる一番の方法は、飲酒の影響が「己の認識」をどれだけ支配しているのかを知ること、いかにその習慣によって人生がコントロール不能に陥っているのかを知ることにある。

1.世界が暗いのは己の周囲だけ

日頃の苛立ちや不安、無気力などは他人や社会が原因ではない。

すべては体の状態に起因した精神バランスの変調であり、それによって自己は黒い雲で覆われる。だが周囲からすれば、その雨雲は己の頭上にだけある。それゆえどこへ移動しようにも世界すべてがその暗さに覆われているようにみえてしまう。

だから「断酒するメリット」について天秤に掛ける思考そのものがすでに変調されたものであると”気づく”こと、そこに突破口があるわけだね。

これは飲酒に限ったことではなく、体と精神が密接につながっている「人間の特性」についての話でもあるから、酒を飲まない人もその示唆として読み替えてみるといいだろう。

2.悪循環

さて、私の知人たちも以下のアドバイスによってみんな酒の習慣を断つことができた。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。→ . 会員登録はお済みですか? 会員について


Notes , , , , , , , ,

コメント・質疑応答

必ずお読みください
・会員記事のコメントはログインしないと表示されません。
・会員の方はユーザー名が入ってしまうので別名を希望の方はこちらで申請してください。
・連続投稿する時は自分の最初のコメントに返信してください。
・記事に無関係な投稿は禁止です。良識範囲でお願いします。
・他の利用者を勧誘する行為、扇動するコメントは禁止です。その意図がなくても事務局でそのように判断された場合はその箇所を修正削除させて頂く場合があります。予めご了承ください。
・スパム広告対策にセキュリティを設定しております。投稿後に承認待ちと表示される場合がありますがしばらくすると表示されます。

  1. tomonori より:
    このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。
    • 涅槃の書-自分 より:
      このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。
  2. tomonori より:
    このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。
    • 涅槃の書-自分 より:
      このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。
  3. uriko より:
    このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。
    • 涅槃の書-自分 より:
      このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。
  4. uriko より:
    このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。
    • 涅槃の書-自分 より:
      このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。

コメント・質疑応答

  関連記事