優しい世界

子どもの頃に熱中していたことを
再びやってもいまひとつ盛り上がらない

よくある話だね

だからといって
「人生はこうして楽しいことが減っていく」
と捉えるのは実はまったくなんだ

このように考えてみよう

どこかのカフェのテラス席に腰掛けて
穏やかで心地よい空気のなかで
アイスコーヒーを味わっていた

青い空は美しく
人々はみんな優しそうにみえる
目の前に広がる生命の世界は
まさに祝祭そのものだった

日頃の思い煩う心はここにはなく
「そうか、これがこの世の真実なんだ」と
あなたは深く実感している

ところが帰る時間になって
しばらく歩いていれば
アスファルトの熱気と排気ガスのなか
汗ばむシャツの不快感と息切れに
気力を吸い取られていく

頭のなかでは片付けなければならない
面倒な用事や約束事が浮かび
ちゃんとできるかどうか不安になる

そうして気持ちが焦っているときに
不意に鳴った電話を取れば
また用事が増えたことに苛立ちを覚える

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。→ . ご入会や入会の詳しい内容はこちらから確認できます→ 会員について


Notes , , , , , , , ,

コメント・質疑応答

  関連記事

-->