いまに在るひと

スピリチュアルに心酔していなくても、心に余裕があるとき自然と人は「いまに在る」ことができる。

たとえば4億円の宝くじが当選したとイメージしてみるといい。今日は会社だから明日いちばんで当選金を受け取りに行く予定だとしよう。あなたは明日からリッチな世界の仲間入りとなる。思い描けることはほぼ実現するだろうし、うまくやればお金をそれ以上に増やしていくことも可能だ。

さてそんなハッピーに包まれているとき、暑いなかを汗だくで歩いていようが、誰かが隣で大きな音を立てようが、上司にいつもの小言を聞かされようが、別に構いはしないはずだ。

それどころか、汗だくになっている自分を「フォウッ!」とかいって楽しんでいるかもしれないし「みんなが生きている!」なんてリアルな実感に喜びを隠せない様子にあるかもしれない。

それがいまに在るだ。もっと霊的な突然変異か何かだと考えていたようだけども、そもそもあなたがそこで生きていること自体が霊的なことなのだ。その単純な事実に気づくには「いまここに起きているすべて」を体感する以外にない。

だがいいかい、「汗だく」はこれまで嫌ほど経験していたことだし、会社の上司の嫌味も前からあったものだ。別にそれらは解消したわけではない。つまりあなたが日頃戦い続けている不安や焦り、苛立ちは絶対的なものではなく、別に心を病むほど相手にする必要もなかったということだ。

というわけで、おめでとう。
やっと目を覚ますことができたね。

 

ただ、少々問題がある。

というのは、あなたは「目覚め」を4億円で買ったわけだけども、4億を手にしなければ「いまに在る」ことができなかったというなら、それはえらく高い買い物だったということだ。なぜなら私も他の人々もそれをタダで手にしているからだ。あなただけが4億も払ったのだ。

しかも有料サービスときている。つまり4億を使い切ったら..、いや、これは私の予想なんだけども、1億ほど減ったころにはもうあなたは不安と焦りの世界に戻っているだろう。それも以前よりも強烈なものになっているはずだ。

だから
「つかの間の至福だった」
とならないように祈っておくよ。

 

ん? タダで手にいれる方法を教えろ?
オーケー、だがそれは文字では教えられないものだから、いまから言う人を頼ってみるといい。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。→ . 会員登録はお済みですか? 会員について

この記事を保存・共有できます。

Notes , , , , , , , , , , , , , , , ,

コメント・質疑応答

会員記事のコメントは記事上ではログインしないと表示されません。
会員の方はユーザー名が入ってしまうので別名を希望の方はこちらで申請してください。
連続投稿する場合は「自分の最初のコメントに返信」してください。
記事に無関係なコメントは禁止です。良識の範囲内でご利用ください。
業者からのスパム広告を防止するシステムを採用しています。短期間内に連続投稿をするとシステムにスパム登録されてしまい一切の投稿ができなくなりますのでご注意ください。

  1. ダテキヨ より:
    このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。
    • 涅槃の書-自分 より:
      このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。
  2. ひとつの光 より:
    このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。
    • 涅槃の書-自分 より:
      このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。
  3. より:
    このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。
    • 涅槃の書-自分 より:
      このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。
  4. aslan より:
    このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。
    • aslan より:
      このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。
    • 涅槃の書-自分 より:
      このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。
  5. aslan より:
    このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。
  6. aslan より:
    このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。

コメント・質疑応答

  関連記事