物事に悩むのではなく結び直してみること

私たちは社会のなかで生きている。

仕事をしたり、家族や友人と語り合ったり、出かけたり、またお金を使って何かを買ったり生活したり、楽しめるものに熱中したり、異性と恋に落ちたりする。居酒屋で乾杯したりスポーツしたり、セックスしたり、まあいろいろできる。

このように社会というのは様々な要素を含んでいるから、複雑なものに感じられるけども、実はたった一言で表すことができる。

つまり社会とは人間同士の「関係」のことだ。もちろん物を手にすることも「人と人との関係」にある。物は誰かが作り、そして誰かの手を渡ってやってくるのだからね。

だから「物事」ではなく、この「関係」という観点で物事をみてみるとき、世界がとてもシンプルなものになる。

腹の立つ上司も、お金を稼ぐことも、持ち物も、これからの生き方も、何もかもが「組み合わせ」としてそれらはそう見えているだけだからである。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。→ . 会員登録はお済みですか? 会員について

この記事を保存・共有できます。

Notes , , , , , , , , , , ,

コメント・質疑応答

会員記事のコメントは記事上ではログインしないと表示されません。
会員の方はユーザー名が入ってしまうので別名を希望の方はこちらで申請してください。
連続投稿する場合は「自分の最初のコメントに返信」してください。
記事に無関係なコメントは禁止です。良識の範囲内でご利用ください。
業者からのスパム広告を防止するシステムを採用しています。短期間内に連続投稿をするとシステムにスパム登録されてしまい一切の投稿ができなくなりますのでご注意ください。

  1. imorder より:
    このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。
    • 涅槃の書-自分 より:
      このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。
  2. imorder より:
    このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。
    • 涅槃の書-自分 より:
      このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。

コメント・質疑応答

  関連記事