鬼が消える

子どもが嘘をついているとき
親のまえで落ち着かなくなる

自分では平静を装ったつもりの
あらゆる仕草が
親からは不自然にみえている

あなたはどうだろうか

自分が後ろめたさを持っているとき
相手に見透かされているような
気持ちになるだろう

またはこういうのものある

最初は普通に話していたのに
だんだん不安定な
気持ちになってくるみたいなね

相手が怖い
一緒にいるのが辛い
どこかへ隠れてしまいたい

はじめて話す電話口の相手にも
そんなことを感じたりする

それは話しているなかで
じわじわ出てきた自分の主張を
守らなければならなくなってきたからだ

どんな強者でも
守り通さなければならないものを
抱えるときそれが弱点となる

つまり威圧感のある相手というのは
その人に力があるのではなく
あなたが力を与えているということである

自分を守ろうとする気持ちが
相手を何倍もの巨大な姿に変えてしまう

相手は見透かす力など持っていないし
ただあなたを不自然に感じているだけ
どうして急に慌て出しているのだろうとね

しかしあなたは
どんどん落ち着きを失っていく

おかげで必要のないことを
ついつい口にしてしまったり
無駄な格好をつけてしまい
さらに後に引けなくなってしまう

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。→ . ご入会や入会の詳しい内容はこちらから確認できます→ 会員について


Notes , , , , , , , , , ,

コメント・質疑応答

  関連記事

すべて消えるために
自己を破壊して自在なる力を手にいれる
すべてと繋がっていることを知る
答えのない世界
唯識と脳と現実変更(4)
フィクションの世界(1)
生命の木漏れ日
大地に根を張る