自分を捨てて世界とひとつになる

自分を捨てるということ
それは自暴自棄になることじゃない
本当の自分自身を
さらけ出すということにある

つまり捨てられる自分とは
偽りの仮面のことだ

ずっとそんなものを被ってるから
人生が息苦しいのだよ

世間様と同じじゃないと
恥ずかしいから
怖いから
今日もあなたは”自分”をかぶる

あなたにとって幸せってのは
お金持ちになること
誰よりも優越感に浸れること
不幸っていうのは
みんなから置き去りにされること

だからレールから外れないように
息を殺してしがみついてる

そんなわけだから
何をつくっても
誰かと同じものでしかできない

同じ服を着て
同じことを話して
同じように苦しんでる

そんな調子で生きてるのに
自由になりたいだなんて
よくいえるものだ
「私は人よりも自由だ」という
優越がほしいだけではないのかね

そんなことじゃ自由にはなれないよ

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。→ . 会員登録はお済みですか? 会員について

この記事を保存・共有できます。

Notes , , , , , , , , , , , ,

コメント・質疑応答

会員記事のコメントは記事上ではログインしないと表示されません。
会員の方はユーザー名が入ってしまうので別名を希望の方はこちらで申請してください。
連続投稿する場合は「自分の最初のコメントに返信」してください。
記事に無関係なコメントは禁止です。良識の範囲内でご利用ください。
業者からのスパム広告を防止するシステムを採用しています。短期間内に連続投稿をするとシステムにスパム登録されてしまい一切の投稿ができなくなりますのでご注意ください。

  1. より:
    このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。
  2. 色即みっちゃん より:
    このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。
    • 色即みっちゃん より:
      このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。

コメント・質疑応答

  関連記事

完全なる自由を得た一匹の虫
目で音を観る瞑想
あなたがいるということ -夢見る乙女-
顔の泥は自分ではみえない
困難を消滅させる
神が幸せの魔法をかけてくれる
永遠の存在
師の教えは師にならなければ会得できない