お金と時間を充実させる

人生が充実する基本は
水路をつくって
そこに流れることにある

何もない平原では
水は撒かれたように広がるだけで
勢いも距離もかせげない

パワフルに流れるためには
水路が必要となるわけだ

それを現実の生活に
置き換えてみよう

たとえばお金や時間は
あるほど良いというわけではない
逆にそういう人々は
不幸に嘆いている

なぜなら自由になるほど
水路を見出すことが
だんだん難しくなるからだ

定年退職して
これから時間を使い放題だと
期待していても
大抵はすぐに逝ってしまう
エリートだったほどその傾向にある

また念願の独立開業した人は
なにをどうしていいのか
指針が定まらなくなる

宝くじに当選しても
ただその金を使い続けることしか
活用方法が見つからない

有り余るお金や時間があれば
どんなに満たされるだろうか
そんなことを考えるだろう

だがそれでは満たされることはない

じゃあお金が時間はないほうが
幸せなのかといえば違う
そんな浅い話をしているのではない

人間が不幸になるのは
自分が流れる水路を
「自分の手で創らないから」に他ならない

せっかくの休暇も台無しになり
どれだけ本を集めても
まったく読む気が起こらない

つまり広大な平原に
水を撒いてもただ広がるだけで
流れの力は生まれないのだ

 

1.

ではどのようにして水路をつくろうか
お金や時間はどうすれば
あなたに流れを生み出すのか

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。→ . 会員登録はお済みですか? 会員について

この記事を保存・共有できます。

Notes , , , , , , , , , , , ,

コメント・質疑応答

  関連記事