相性のいい人と出会いたいなら

手段が目的になってるとか
目的が手段になってるとか

もちろんケースによって
どちらが正しいのかは
違ってくるのだけども

たとえば前に何かの雑誌でみた話なら
男性が女性を初めてのデートに誘うとき
デートコースを徹底的に練り上げて
いかにその体験を喜んでもらえるかに
囚われている傾向が多いらしく

しかし女性にしてみれば
お互いのことを知って
二人がもっと歩み寄れるために
そのデートがあるわけで

だからお店選びやコースなどはあくまで
背景でいいのに
という本音だったんだが

つまり女性から見れば
そういう男性は手段が目的になっているわけだ

もちろん女性のなかには
そういうのを望む人もいるだろうし
男性の目的も人それぞれなんだけども

もしその男性が女性の本音と同じく
そんな外側の演出なんかじゃなく
本当はお互いを理解しあって
自然に親しくなりたいと願っていたならば
なんとも歯がゆい話となる

きっと彼は自らで生み出した
その豪華すぎるデートコースに自らも圧倒され

いわば巨大すぎる魔法を唱えて
収拾がつかなくなった魔法使いのように
身動きができなくなるだろう

最後のチャンスさえ後ずさりして
毎回何も言えずにお開きとなる

そしてデートを重ねるごとに
出費が響いてくるだろうし
相手の熱も冷めてきて
いよいよ虚しい結末がやってくる

彼が気づくべきだったのは

全文をお読みいただくにはご入会後にログインしてください。数千本の記事を自由にご覧いただけます。→ . またご入会や入会の詳しい内容はこちらから確認できます→ ご入会はこちらから


Notes , , , , , , , , ,

コメント・質疑応答

  関連記事

幸福の森はさがしてもみつからない
ネガティブ思考のプロセスを変える
偉大なる力の発現
自由の感覚を取り戻す
悲しい夢から目を覚ます
この世の良し悪し
成仏するということ
幸せへのチケット(中編)
-->