それは確かにあった

さっきまであなたは違う場所にいた
さっきまであなたは誰かと話していた

「さっき」
それは過ぎたもの、
つまりそれがあなたの生だ

いま起きていることは
厳密には「いま」ではない
過ぎ去った記憶を
いま読み取っているに過ぎない

いま指先が何かを触れる
だがそれは本当は
いつのことなのだろう?

いま?
いいや、ほんの少し前だ
もしかすると数万年前かもね

つまり時間など存在しないのだよ
あなたという針が指すところに
「いま」があるだけで
その対象に持続性はない

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。→ . 会員登録はお済みですか? 会員について

この記事を保存・共有できます。

Notes , , , , , , , ,

コメント・質疑応答

必ずお読みください
・会員記事のコメントはログインしないと表示されません。
・会員の方はユーザー名が入ってしまうので別名を希望の方はこちらで申請してください。
・連続投稿する時は自分の最初のコメントに返信してください。
・記事に無関係な投稿は禁止です。良識範囲でお願いします。
・他の利用者を勧誘する行為、扇動するコメントは禁止です。その意図がなくても事務局でそのように判断された場合はその箇所を修正削除させて頂く場合があります。予めご了承ください。
・スパム広告対策にセキュリティを設定しております。投稿後に承認待ちと表示される場合がありますがしばらくすると表示されます。

  1. パイナップル より:
    このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。
    • -自分- 涅槃 より:
      このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。
  2. tami より:
    このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。
    • -自分- 涅槃 より:
      このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。

コメント・質疑応答

  関連記事