最初から全部持っている

他人の目で自分を見ていないかな
嫌われたくないとか
価値ある人物だと思われたいとか

会社なんかはもちろんだろうし
街を歩いているときでさえも
カチコチかもしれないね

自分を認めてもらおうと
必死にやってるのだろう
だがそれを続ける限り
世界は絶対にあなたを受け入れない

嫌われていいんだよ

好かれようとして
自分を殺してはならない

つまり嫌われる覚悟がなければ
あなたは自分の在りかたを
掴むことはできない

これは利己的になれって話じゃないし
自己中になって
迷惑を掛けていいってことではない

全文をお読みいただくにはご入会後にログインしてください。数千本の記事を自由にご覧いただけます。→ . またご入会や入会の詳しい内容はこちらから確認できます→ ご入会はこちらから


Notes , , , , , , , , , , , , ,

コメント・質疑応答

  関連記事

世界には私しかおらず、そして私は実在しない
幸せはどこにでもある
運命の出会いが起こるとき
あなたはなぜ存在しているのか
本書を読むときに注意すべきこと
恋愛から存在を観る
人生という散歩を楽しむ
生まれる前からあなたはここにいた
-->