現実を順調に流すには

至福とは中間にある。過剰でも不足でもなく、そのちょうど真ん中に位置する。だがそれは生の領域ではない。死=無であるということだ。睡眠や湯船でリラックスしているとき、また森林浴や瞑想をしているとき、あなたは形の次元を超えているから至福を感じているのだ。

無とはゼロであり、この現実は以下のように簡単な数式で表すことができる。

0=1-1

無は有を二元性という形で生み出している。つまり1か-1に針が振れているときは、生すなわち「有」にある。その過剰と不足とは無より見出されているものであるとわかる。ここで理解しておくべきことは「1と-1を足せば0になる」ということだ。

だから現実で過剰に触れているときは必ず不足に向かう。不足であるときは過剰に向かう。このアップダウンがあなたの人生の波として現れる。ここでいう「過剰と不足」は「幸福と不幸」のことではない。現実とは心がそのまま投影されているものだから、心の状態のことだと思えばいいだろう。

 

現実を順調に流す

さて大事なポイントだ。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。→ . 会員登録はお済みですか? 会員について

この記事を保存・共有できます。

Notes , , , , , , , , , , ,

コメント・質疑応答

会員記事のコメントは記事上ではログインしないと表示されません。
会員の方はユーザー名が入ってしまうので別名を希望の方はこちらで申請してください。
連続投稿する場合は「自分の最初のコメントに返信」してください。
記事に無関係なコメントは禁止です。良識の範囲内でご利用ください。
業者からのスパム広告を防止するシステムを採用しています。短期間内に連続投稿をするとシステムにスパム登録されてしまい一切の投稿ができなくなりますのでご注意ください。

  1. aslan より:
    このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。
    • aslan より:
      このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。
    • 涅槃の書-自分 より:
      このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。
  2. aslan より:
    このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。
  3. aslan より:
    このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。
    • 涅槃の書-自分 より:
      このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。
  4. aslan より:
    このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。

コメント・質疑応答

  関連記事

おいた
世界は巨大な鏡である
命を絶たずに現実を解放する
悪魔がそこにいる

2014.05.01    Notes , , ,

生きていることに疑問を感じるとき
夢の叶った世界で暮らすには
自分を殺さず生きるということ
温かい安らぎのなかで